<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

栄養士、「0次予防」へ参入す。

b0141773_21374290.jpg
これまでに、多くの栄養士さんと接してきて、
少なからずの人から、
栄養士である先輩や上役との人間関係に関する相談を受けた。

いわく、
私的な用事を頼まれる(「デパートで人に贈る物品を買ってきてほしい」
「休日に自宅の部屋の整理を手伝ってほしい」など)、
職場で、あえて人前で自分を大声で叱責する、
学閥的なネットワークをつくっている、
他のセクションの人に対して部下のことを悪く言う
(「まったく使い物にならない」「年ばかり食っている」など)、
人の衣服や持ち物が派手だと干渉する、
本人の身だしなみが著しく悪い(家庭着のようなもの)、
栄養士とは思えないほどの肥満なのに
それを是正する意志が感じられない、などなどである。
b0141773_2139837.jpg

なかには単なる愚痴もあるが、
みなさんが示す先輩たちからは、ある傾向が感じられる。
たとえば、部下や後輩に対して使うコトバに折り目正しさがない
(「バカじゃないの?」「あんたを採用した人に言ってやりたい」)、
文句はいうが、改善策を示さない(示せない)、
そもそも部下や後輩を育てるという意識もスキルも希薄、
しかし、上役や他のセクション、行政では住民との関係はよい、
などなどである。

なぜこういうエセリーダーが存在し得るのか。

1.普通の職場では、栄養士の数がチームを作るほど多くはないので、
  個人的スキル(というより自己流)ばかりが前面に出てきて、
  チームとしてのシステムができてこない。

2.本人も、そうした自己流で育ってきたので、改善意識は皆無。
  自分がそこから離れたときにも、そのセクションが機能するように、
  というような発想がない。

3.上役からのチェックが少ない。1人職場が多く、
  その1人に任せっぱなしにしてきたので、
  それなりに地歩を固めてきている。こうなると周囲から口出ししにくい。

4.同様に、部下や後輩からのクレームや突き上げがない。
  いじめられている者は、自分が退職することで解決を図ろうとする。

5.パートや非常勤職員が多く、1人管理職が育ちやすい。
  どこの職場も、非常勤に対しては尊敬度が低い傾向がある。 
b0141773_2140134.jpg

しかし、こんな状況をほおっておいては、
健康支援者としての理念や夢は育ちにくいし、
健康支援者に対する社会の認知度はあがらない。
人前でいつも怒鳴られているようでは、
その人を尊敬する環境など、生まれるはずもない。

そういうリーダーの下で働いている人は、
2つのことを同時進行で行なう必要に迫られる。
1つは、上役や先輩対策。
もう1つは、少なくとも自分は、後輩や部下を育てることを意識すること。
b0141773_21414391.jpg

「1」の上役・先輩対策としては、
(1)相手のリーダー意識の低くさは、教育不足からきているので、
  上役の教育をし直す。健康支援者に限らず、
  上役といえども、部下が育てる要素は少なくない。
  「課長、いい決定をされましたね」
  「ちょっと待ってください。私はあなたがいうほどバカじゃないから
  そこまでご指摘されればわかりますよ」
  「みなさんの前で、少しおコトバが過ぎませんか」(あえて周囲に
  聞こえるようにいうのがコツ。周囲を味方につける)

(2)いよいよ我慢の限界に来たときには、対決を辞さず、
  「中央突破」を試みる。
  「課長、○月◎日、2時間くらいお時間いただけませんか」
  できれば貸し会議室などを自費で取って、そこに呼び出す。
b0141773_21422182.jpg

  ①論が立つ人は、いままでいわれたことの問題点を記録したノートを示し、
   1つずつチェックしていく。(ひそかに録音することも一法)
   被害者が複数いるときは、被害者チームで対決する。

  ②論が苦手な人は、「私、あなたのお荷物になっているようですが、
   この際ですから、洗いざらい聞かせてほしい」と情に訴える。
   1つ指摘されるごとに涙1滴。相手のガス抜きが目的。
   解決しないか、もっと相手が高飛車になるリスクはある。

  ③啖呵(たんか)が切れる人は、スバッと。
   「いままで我慢をしてきたけれど、ここまできたら、
   言わないわけにはいきません。だいたい、
   あなたご自分を何様だと思っていらっしゃるの? 
   私だって、成人式を○年前に迎えた大人ですよ。
   1社会人に言っていいことと、悪いことっていうのが
   あるんじゃぁございません? この件について、労働基準監督署に
   聞いてみようと思っているですが、よろしゅうござ~ますね」

「2」の後輩や部下の育て方について。
(1)組織というものは、1人が1人の仕事しかしていなかったらつぶれる。
  下位の者のモチベーションを高め、チーム力をつけると、
  何倍もの成果をあげることができる。

(2)同時にまた、職場環境、コミュニケーション環境を
  よりヘルシーなものにするという、
  健康支援者としての職業的使命からも、
  後輩の職場環境をよくする努力を要する。
  それは、職場でお友だちのように馴れ馴れしく話しかけるということではなく、
  社会活動を折り目正しさを保ちながらも、効率よくコミュニケーションを
  とり合い、そのリーダーらしい姿勢を実例として後輩に示すことである。

人に「リーダータイプ」と「非リーダータイプ」という区分はありえない。
あるのは、「リーダーのとき」と「非リーダーのとき」である。
そして、「リーダーのとき」と「非リーダーのとき」とは、時々刻々に変わる。
同僚同士、部下と上役、旅行仲間、家族、親戚の寄り合い……。

こうした変化に対応する役割分担と、その自覚がないと、
その人は、快適で創造的な人生は送れないし、社会参加の機会も狭まる。

現状は、リーダー教育を不十分にしか受けていない先輩に
頭の上から網をかぶせられている状態かもしれないが、
リーダーとは何かを知ってしまった以上は、
後輩や入門者に対してはもちろん、
上位の立場に対してもリーダーシップを発揮する責務が生じる。

「そんなの、栄養士の守備範囲外」と考えるのは誤り。
病気予防のレベルに「0次予防」というのがある。
これは、社会環境の整備によって人々の健康度をあげよう、
というレベルの話である。
よい職場環境づくりへの参加は、
健康支援者にとって十二分に守備範囲なのである。
[PR]

by rocky-road | 2010-02-26 21:43  

袖振り合うも多生の縁

b0141773_185098.jpg
作家の立松和平氏が2月8日に逝去された。62歳だという。
1昨年の1月、読売写真大賞の授賞式のとき、
読売新聞社内の授賞式会場でお会いした。

私が応募した「テーマ部門」(ゆかいな仲間)の審査員だったので、
受賞作品の前で少し話をした。
「どういう方法で撮ったのですか」というような問いかけだった。
私は半水面という写真の撮り方について説明した。
立松氏の、私の作品についての評は
「泳ぎ疲れた犬が人の背中に乗るという絶妙なタイミングをとらえたのが
『わんマンショー』。空と海中の光景も十分でうまい」であった。
b0141773_191774.jpg

立松氏の文学には接したことはないが、
NHKのラジオ深夜便にはレギュラーで出演していたので、
自然を愛する話はしばしば聞いた。
かなりの荷重労働であった文学活動を
自然を見つめること、宗教的境地を味わうこと(小説「道元禅師」)で
バランスをとっていた、ということだろうか。

すれ違った作家のもう1人は三島由紀夫である。
学生時代、YMCAに通っていたが、
そこの室内プールで何回か見かけた。
プールに入る前に、お風呂でからだをよく洗う規則だった。
浴室で、場違いに大声で話す男がいる。
その虚勢を張ったような大声に反感を持ったが、
それが30歳になるかならぬかの三島由紀夫だった。
b0141773_195085.jpg

彼は水泳が得意ではなく、コーチをつけて習っているのだった。
数日後には、平泳ぎで20メートルのプールを
楽々往復できるくらいになっていた。

さらに数か月後、新聞に三島のエッセイが載った。
アカプルコの海を泳ぎながら見た、そこの風景を描写するものだった。
まるで100年前から泳ぎは得意、という書きぶりに、
「これが作家だ」と思い知った。
b0141773_1101257.jpg

もう1つ、大きなすれ違いは、
オードリー・ヘップバーンである。
1980年代の後半のいつだったか、
アンカレッジの空港で、彼女とすれ違った。
わずかに気づいている人はいたが、
周囲はザワザワとはしていなかった。
「May I take your picture,please?」
コーヒーショップでコーヒーを注文するのにも手間取るくらいの英語ながら、
このときは、バーンさんが明るく「OK!」と即答してくれた。(写真)
b0141773_1043045.jpg

すれ違いは、いろいろの音や香りを残して過ぎて行く。
「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」と
鴨 長明(かものちょうめい 『方丈記』)さんはいったが、
人は記号の機能を飛躍的に発達させた。
命は永遠ではないが、記号が、記憶の持続性を限りなく高めてくれる。
無常観をつのらせて、ため息ばかりついていることもあるまい。
[PR]

by rocky-road | 2010-02-14 01:10  

頭、整理していますか。

b0141773_136949.jpg
書籍の奥付(おくづけ)はご存じだろう。
最終ページの囲み文字の部分。
著者や発行者、発行日などが書いてある。
手元にある『思考の整理学』(外山滋比古著 とやま しげひこ)を例にとると、
初版が1986年4月24日。そしてすごいのは、
2009年7月5日 第54刷の部分である(「刷」は「すり」と読む)。
著者は1923年生まれだが、表紙カバーのポートレートは、
40歳代と思われる写真が使ってある。

「2版」「3版」という場合は、内容を改訂してある場合が多い。
これに対して「刷り」とは、原則として単純な刷り増し。
本や内容によって大きく異なるが、
文庫版の場合、「2刷り」とは1回に5千から1万部は刷る。
それが54回、いかに読者が多いかがわかるだろう。
b0141773_1365016.jpg

そして現在も書店の「平台」(表紙が見えるように
平らに積み重ねた売り方)に置かれている。
大々ヒットといっていいだろう。

この本に、学校教育を「グライダー」にたとえた記述がある。
学校では、教員と教科書が生徒を引っ張ってくれて、
空に舞い上がらせてくれる。
自力で知識を獲得するところではない。
そこがエンジンをつけた飛行機とは違うところだという。
b0141773_138626.jpg

ここを読んでいて、またまた食事相談のことが頭に浮かんだ。
栄養士の中には、クライアントに「行動変容」を迫って、
その人を空まで引っ張りあげよう、などと
大それたことを本気で考えている人がいる。

その数の多さを見ると、これはだれかが仕組んだことがわかる。
行動療法の知識やスキルを寸借して、
ロクにトレーニングもせずに現場に送れば、こういうことにもなる。
戦況が不利になった国が、少年兵まで戦地に送ったのとパターンが似ていて、
銃の撃ち方もあまり習っていない少年兵は、敵の前で立ちすくむしかない。
b0141773_1384952.jpg

メタボ健診で、したたかなオジサンを前にして困惑している栄養士は、
まさしく銃の撃ち方を知らない少年兵である。
少年に罪はない。
が、少年でもわかる、
自分の前にふんぞり返っているオジサンを
空に引っぱりあげることなんて、できるわけがない。

「そんなこと、いまさらいわれても困るよ!」……だよね。
じゃあ、ここは立ち止まって「思考の整理」をしてみることだ。
例の本には、「食事相談とは、クライアントに飛行機のエンジンをつけることだ」
などとは書いてはない。
でも、こんな連想は生まれる。
「そこら歩いている老練オジサンたちの食事の先生なんて、
できっこない。よって、《クライアント飛行機》よ、
必要なことは教えるから、自分で飛びなさい」
b0141773_139942.jpg

そっかぁ、自発性だぁ。
それしかない、ってこと!!!
b0141773_1392887.jpg

[PR]

by rocky-road | 2010-02-10 01:40  

名作、飛び立つ。

b0141773_22462873.jpg

この1月20日に、
富士フイルムのフォトコンテスト事務局から通知があって、
去年10月に応募した私の写真(『フエダイ、夏模様』)が、
第49回 富士フイルムフォトコンテスト ネイチャーフォト部門の
優秀賞を正式に受賞したことを知った。

事前に内示があったので、その写真を玄関に飾っておいたら、
海仲間から「フォトフレーム(額縁)がよくない、
これは賞状額だから、受賞作品を入れるのにはふさわしくない」
と指摘されてしまった。一言もない。
「中身で勝負」などと、口はばったいことはいえない。
b0141773_22471287.jpg

写真教室などでは、「フレーミング」
すなわち撮影時の構成法について指導しているが、
額縁のほうで突っ込まれるとは思わなかった。

「畑の地質がよくないと、よい作物が育たないように、
人材も、その人のいる環境が悪いと育たない」とは、
私がよく口にするフレーズであるが、
これを額縁で説明することはできないか、などと考えた。
b0141773_22474895.jpg

「どんな作品も、額縁が悪いと輝かない」と。
でも、この比喩は、畑を引用したときほどしっくりはしない。
絵画にも写真にも、額縁を省いたパネル展示という方法があるが、
それはそれで鑑賞に堪えうる。
絵や写真には、作品だけで「もつ」ところが多分にあるのだ。

人間だって、どんなに地質の悪いところにいても、
芽を出す人はいる。
しかし、それは一般的なケースではない。
よい人材が、よい畑で育つ例のほうが圧倒的に多いはずである。
b0141773_22482265.jpg

この5月から始まる「リーダーシップ トレーニングゼミ」には、
各地からいろいろの業種の「健康支援者」が集まる。
よい畑にいる人も、そうでない人もいることだろう。
それを前提にしてトレーニングをしてみたいと思う。
リーダーシップとは、
人を前方から引っ張るパターンだけを指すものではない。
「後押し型」もあるし、「演出型」も「企画型」「和ませ型」もある。

リーダーの多様なタイプや機能を考えていると、
「リーダーシップ」というコトバの辞書の定義がひどく狭いものに感じられる。
ちょっと抽象的にはなるが、その本質を一言でいえば、
「人のモチベーションを高める人、およびそのための精神」
ということになるだろう。
b0141773_22491669.jpg

「リーダーシップゼミ」は、そういう精神づくり、
人づくりのテストケースになりそうだ。
「健康支援者」という新しい概念を軸にして人づくりをすると、
いままでとは異なるリーダーが生まれてくるだろう。

で、最初のフォトフレームの話はどうなったかって?
名作は、狭い額の中に収まってはいられないのである。
いまさっき、飛び立ちました。
b0141773_2250258.jpg

[PR]

by rocky-road | 2010-02-04 22:50