<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

心の味わい

b0141773_2335098.jpg
《爆弾饅頭 炎の大作戦》という、
ぶっそうなお菓子をいただいた(写真)。
箱には「演習弾12発中2発実弾が入っています!!」
と朱記してある。
さらにいう。「特許出願中 自衛隊限定販売」

実は中身は小さな薄皮まんじゅう。
12個中2個は激辛だという。
だいぶ食べたが、まだ実弾にぶち当たっていない。
自衛隊の購買部に、見学者用に置いてある商品らしい。
b0141773_2342477.jpg

食は、つねにコトバに支えられて
より味わいを増す。
水だの納豆だのの売り声が独特の味つけをしてきた。
戦後しばらくは、観光地で菓子などを買うと、
「カロリーは卵の7倍」などと書いてあった。

飴や砂糖菓子のエネルギーを
なんで卵のそれと比べるのか……、
そういう野暮をいう人はいなかった。
エネルギー量を競ったのは、
食糧難の後遺症とでもいうものだろう。 
b0141773_23383216.jpg

栄養士もまた、コトバに磨きをかけている。
パルマローザ、広島県栄養士会、東京都栄養士会、
中央区保健所、グリーンハウス、市川保健所などで行なったセミナーは、
文章表現、写真、エディトリアルデザイン(印刷物のデザイン)などなど。

それはつまり、食・健康情報という商品を
魅力的に味つけしようということである。
ヘルスプロモーションというと、なんだかわかりにくくなるが、
「水はいらんかねぇ~」「なっと・なっと・なっとぉ~」といった
売り声の1種だと思えばいい。
b0141773_23405934.jpg

ホンキになってきたのである。
健康や食情報も、さすがにマンネリ化してきた。
地産地消、安心安全……そういう紋切り型では、
人は動かなくなってきた。
そこで、コトバや情報に磨きをかける必要に迫られてきた。

よいことではないか。
ただの物売りではないか、とはいうなかれ。
文学はもちろん、美術もタイトルやコトバによって、
息づくのである。
人は実質だけではなく、イメージや思想でも生きる。
b0141773_23415169.jpg

思想や理念のない食は、ただの餌となる。
食関係者が表現力を学ぶことは、
人間の心を学ぶことにつながっている。
b0141773_23441130.jpg
b0141773_23443082.jpg

[PR]

by rocky-road | 2009-11-27 23:04  

ラハイナ、マイナス補正の旅

b0141773_22221134.jpg

11月7日から13日まで、
ハワイのマウイ島で過ごしてきた。
以前、「男は旅ができない」とだれかが書いているのを読んだ。
「ゴルフに行く」「潜りに行く」「銘木を撮りに行く」ことはあるが、
旅そのものを目的にはしない……と。
おっしゃるとおり、と当時は思った。

が、いま、改めて考えてみると、
それは目的意識を口にする頻度が、
当時は(1980年代)男性のほうが高かった、
というだけのことではないかと思う。
男は、よくいえば計画的、悪くいえば状況への適応力が弱い、
それだけのことではないか。
b0141773_2223918.jpg

ともあれ、今度の旅は目的意識を低く保つことができる旅だった。
平たくいえば、旅そのものを楽しんだ。
西マウイにあるパパケアリゾートという
コンドミニアムタイプのホテルでゆったりと過ごした。
そのせいか、ふだんはなかなか手が回らない花々にも
ゆっくりレンズを向けることができた。

写真をパソコンに取り込んでいたら、
今回はマイナス補正をする被写体が多かったことに気がついた。
花は、チョウチョウの目線で撮るとき、
2つの点で露出をマイナスにする必要がある。
1つめは、グリーンの葉に囲まれた花は、背景より明るいこと。
2つめは、多くの花は蛍光発色をして昆虫や鳥の目をひこうとしていること。
したたかな戦略である。
b0141773_22233127.jpg

ピンクジンジャーはマイナス0.3、
レッドジンジャーはマイナス0.7に補正した。
それでもレッドジンジャーは、ややオーバー気味。
やっかいな花だ。

夜中に強い雨があり、たくさんのプルメリアが落ちた。
それを集めて、画面いっばいに広がるように撮ってみた。
もちろんマイナス0.7のマイナス補正。
b0141773_2224106.jpg

虹も、マイナス補正をする必要があることが多い。
虹が出る空は黒っぽい雲に覆われている。
そこにかかる虹の橋は、そこだけが明るいので、
少し補正する。ちなみにISOは100に。
暗く感じでも、ISO400は避けたほうがよい。
虹色が出にくいから。

夕陽も同様。
影になっている雲の向こうにある残光は、
そこだけが明るいので、少し光を押さえないと(マイナス補正をしないと)
ハレーション気味になり、赤みが出ない。
b0141773_22254437.jpg

最後に、苦心した1点をご披露しよう。
去年、昔の捕鯨船の基地・ラハイナの街で、
少年が肖像画家のモデルになっていた。
夜で、そこだけが明るい。
補正をしたが、少年の肌色があまりにも白いので
ハレーション気味になった。

今回は、そこに少女が座っているではないか。
去年の失敗を繰り返さないように落ち着いて構えた。
何カットか撮っていたら、少女があくびをした。
構図には問題はあるが、
おもしろいスナップショットが撮れた。
b0141773_22261030.jpg

ちなみに、ラハイナは芸術的なショッピングができる、
なかなか知的な街である。
[PR]

by rocky-road | 2009-11-14 22:27  

ホメオスタシスの真実は?

b0141773_23215392.jpg
暖かいダイビング地から帰ってくると、
しばらくはその土地の暖かさが、
からだの中に残っている。
南の島を出るとき、首にかけてもらったレイなんかもそのままに、
成田に着き、都心へと向かう。
そして環状線に乗り換えたあたりで、
ネクタイ姿の乗客が多い中にいる自分が
周囲から浮いている存在であることに気づく。

そんな経験を幾度もしてきたので、
成田に着いたら、すぐに日常的な服装に着替えることが身についた。
が、きのう、沖縄から帰ったとき、この経験をすっかり忘れていて、
半袖アロハのままモノレールに乗り換え、
JRに乗り換えても、まだ、からだのぬくもりは消えない。
しかたなく、そのまま自宅まで戻った。
コートやダウンを着ている人々の中で、
半袖アロハはおかしいと思ったが、
上になにか羽織るには、からだが温まりすぎていた。
b0141773_23265035.jpg

動物のホメオスタシス(恒常性)はどうした?
体温は周囲の温度変化に対応するはずではなかったのか。
「からだを温める食品、冷やす食品」などと
科学をかじった人間が言っているのを聞くたびに、
その人の科学的センスを疑う。
そういう人間は、アメリカの分子栄養学だの、
アメリカのなんとかやらに飛びつく。

一種の健康感覚不感症というのは、
自分の頭で考えることが苦手で、
いつも、どこかに、自分のより所や刺激を求めている。
世界一の長寿国が、そうでない国から
何を学ぼうというのか。
b0141773_23272750.jpg

やはり不老長寿信仰は、イメージの世界、
アンチエージング学者も例外ではなく、
フードファディズムにどっぷり浸かってしまうらしい。
牛乳はよくない、うつ病予防に葉酸がいいらしい、
長者者は適量の酒を飲んでいる……。
アンチエージングドクターの話は、
10分の1くらいの水で希釈して飲んだほうがよい。

さて、11月の沖縄帰りがなぜアロハなのか。
ホメオスタシスでは説明がつかない。
楽しさや快さの心理的余韻は、体温の低下を押さえる?
それをいうなら、からだを冷やす、温める食品を信じる人に対して、
もう少し寛容であってもいいのかもしれない。
信仰は、やはり自由なのだろうから。
b0141773_232844.jpg

[PR]

by rocky-road | 2009-11-07 23:28  

100年、待ってられる? 

b0141773_764894.jpg
「ある社会の人々が共通の文体によって、
一定量の文章を書くようになるには100年はかかる」
という意味のことを言ったのは
いまはなき、司馬遼太郎氏である。

この話は、以前にも紹介したが、
意訳すれば、文章のように人為的なものは、
それが国全体に普及するのに、それ相当の時間がかかる、
ということである。
日本の場合は、明治政府が一所懸命に作った統一日本文が
あらゆる人に普及するのに100年はかかる、ということである。
b0141773_772132.jpg

この論法を借りて、話しておきたいことがある。
それは女性のリーダーシップについてである。
日本の男にも、
さほどのリーダーシップが根づいているとはいえないから、
人のことを言っている場合ではないのだが、
女性にも、しかるべきリーダーシップが定着するのに、
やはり100年はかかる、と考えるべきかもしれない。

なぜ女性のリーダーシップが未熟かというと、
リーダーを、人間の「地」のままで演じてしまう人が多いからである。
リーダーは、いわばポジションだから、その役に徹したい。
野球のピッチャーが一塁手や三塁手に偉そうな口をきいたり、
ましてや私用を頼んだりしては困るのである。
b0141773_781125.jpg

リーダーのリーダーたるゆえんは、
後輩の育成である。
知識や技術だけではなく、態度や品格、
コミュニケーション力などを育成せねばならぬ。
企画力もほしい、司会進行力、すなわちコーディネート力もほしい。

そんなないものねだりをしていては、
だれもリーダーになんて、なりっこないし、なれっこない。
でしょ? でしょ?
だから、だから謙虚でなきゃあかんのです。
b0141773_9331191.jpg

ある美容師のタマゴがこんな報告をしてくれた。
自分の通っている学校でセミナーがあったが、
外部講師の講演が終わるやいなや、
司会進行を務めていた自分の担任の教員が、
「ね、だから、いつも言っているでしょ……」と、
講演のまとめをするどころか、
自説を滔々(とうとう)と20分も語り続けたとか。

これを「虎の威を借りるキツネ」という。
ふだん、いい講義をしていない者に限って、
こんなとき、はしゃぎまくったりする。
しゃしゃり出るのではなく、
自分は裏方に回って、その講演を簡潔にまとめること、
それがリーダーというものである。
b0141773_9333771.jpg

よい後輩を育てたとき、
晴れて彼女は(彼も)、1つの勲章を
心の中につけることができるのである。
100年なんて、待つのよそうよ。
[PR]

by rocky-road | 2009-11-03 07:09