<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

裏方から表方(おもてかた)へ。

b0141773_119640.jpg

昔使われていた「裏日本」という呼称は、
国に表裏などない、という理由で廃語になった。
では、「裏方」というコトバはどうだろう。
自分の仕事を卑下、または謙遜して「私の仕事は裏方だから」
などということは少なくない。

栄養計算の仕事も、一般的にいえば「裏方」だろう。
去る9月19日に行なわれた、亀石早智子さんによる
「プロに学ぶ栄養計算」(主催 パルマローザ)講義は、
その裏方が「表方」(おもてかた)へとポジションを替える
歴史的瞬間になるかもしれない。
b0141773_1195270.jpg

『栄養と料理』が掲載料理の栄養表示をしたのは1982年だから、
それから27年間、栄養計算は、
目を向けられることが少ない仕事の1つだった。
この仕事の担当を命じられた編集担当職員が、
泣いてその仕事を嫌がったことは、上記のセミナーでご紹介した。

考えてみれば、編集の仕事だって、まだ充分に裏方(おもてかた)とはいえない。
それが気に入らず、編集長時代は、それとなく実名で誌面に登場した。
出版界を見渡すと、「名物編集長」といわれた人も少なくないが、
その人たちは、やがて著述家などになるため、
「元編集長」などという肩書きは消えてしまう。
作家の菊池 寛も『文藝春秋』を創刊した元編集長である。
b0141773_11112585.jpg

さてそこで、では「栄養士」は表方なのか裏方なのか、という話である。
人にもよるが、平均的に見れば、まだ軸足は裏方にありそうだ。
私がいうのではなく、栄養士自身が、自らを「地味」「栄養士に見られたくない」
などと口にするからである。そういう人を「おもてかた」とは呼び難い。

では、裏方と表方の違いはなにか。
表方とは、少々の実績と、それを根気よくアピールする人、
ということになるだろう。
人の評価はどうでもよい。まずは、自分で自分を評価するのが先決である。
栄養士は自分を過小評価する性癖があるから、これは改めねばならぬ。
b0141773_11175632.jpg

「私、栄養士!」と発言し、自分の仕事内容をはっきり説明し、
自信と誇りをアピールし続ける人は、表方への進出中と見てよさそうだ。
「栄養計算はマニュアル化できない」などといっていては、永久に表方にはなれまい。
それでよい人もいるだろうが、それは自分の財産をお墓に持っていくタイプ、
いわば先人からの借りを社会に還元しない、
借金踏み倒しタイプのライフスタイルである。

パルマローザは、いわば「表方スタンバイチーム」だろう。
話し方やファッション、歩き方、文章などを磨き、
もちろん各々のキャリア(専門性)を深めている。
それに加えて、編集や編集デザインを学ぼうとしている。
裏方的でありがちな編集も、好ましい健康情報、
食情報の提供のためのスキルとして使われるとき、
にわかに「表方スキル」として活用されるようになるだろう。
b0141773_11124750.jpg

つまり、表方栄養士には、表方の編集技術、
もっといえば、表方コミュニケーション力が伴う、ということである。

栄養士セミナーのテーマに「文章」や「編集」「デザイン」が取り上げられつつある
が、これは栄養士のステータスを変えるきっかけの1つになるに違いない。
b0141773_1204697.jpg

 ■以下、大橋関連文章・編集セミナー
 いずれも要問い合わせ

 ①9月27日(日) 午前10時30分~午後5時30分
  食コーチングプログラムス主催  「健康情報を輝かせる 文章力シリーズ」 パート2 
  「読ませる文章力・編集力をスキルアップする」
  神奈川近代文学館 中会議室

 ②10月16日(金) 午後3~5時
  「人はどんな健康・栄養情報を求めているか」(基礎編)
  10月30日(金) 午後3~5時
  「読みやすい文章・読んでもらえる文章」(実践編)
  中央区保健所主催 同保健所2階 
  
 ③10月28日 午前10時~午後4時
  「栄養士のコミュニケーション力8倍アップシリーズ」
  a.「栄養士の輝きコミュニケーション力8つの提案」(影山 なお子) 
  b.「栄養士のアピール型文章力8つの提案」(大橋禄郎)
  東京都栄養士会 集団健康管理研修会

 ④11月27日(金) 午後2~5時
  「栄養士の文表表現力 基本から実践まで」
  千葉県市川健康福祉センター 地域保健福祉課主催
  千葉県市川健康福祉センター3階大会議室
 
 ⑤2010年1月10日 10時30分~午後5時30分
 「健康支援者のための 将来を考えた自分づくり 10のアプローチ」
  パルマローザ栄養士ブラッシュアップセミナー
  神奈川県民センター会議室 
[PR]

by rocky-road | 2009-09-25 11:14  

モチベーションアップのシステム化

b0141773_14125936.jpg
マリナーズのイチロー選手が
9年間連続200本ヒットという大記録を作った日(9月14日)、
NHKテレビ「スポーツ大陸」という番組で、
これまでのイチローの軌跡を紹介した。

今シーズン初め、
いきなりストレスによる胃潰瘍に襲われ、8試合欠場した。
その原因は、昨年秋に行なわれた「ワールドベースボールクラシック」(大会)での
トーナメント戦前半の打撃不振と、
優勝がかかった韓国戦での緊張だったと、
イチロー自らが語っていた。
b0141773_14134591.jpg

チャンスで打順が回ってきたとき、ランナーを還せるかどうかで、
「こわかった」というくらいの緊張をした。
「バッターボックスに入るとき、自分の頭の中に、
この場面を実況放送するアナウンスが流れ始めた」と、イチローは述懐した。

この心理状態をどう解釈すればよいのか。
①「自分を落ち着かせたい」という欲求から、
 自分を客観視して余裕をつくり出そうとした。
②ここから逃げ出したい気持ちが高じて、自分を他人として眺めたくなった。
③ヒットを打ってランナーを生還させるというストーリーを
 架空のアナウンサーに実況させてイメージを強化した……。
など、いろいの心理状態を想像できるが、
私は、③のシミュレーション効果を考えた。
スポーツ選手がよくやる、よいイメージを描くシミュレーションスキルである。
b0141773_14144075.jpg

ここから連想して思うのは、スポーツ選手でなくても、
将来を考える人は、
もっとイメージトレーニングをしてもよいのではないか、ということである。
これまで、いろいろの人の応援やサポートをしてきたが、
なかなか持続せず、私から見れば、せっかくの才能の芽を
自らが育てようとせず、発育不全に終らせてしまった
(…かのように見える)ケースがなんと多いことか。

人の示したアイディア(イメージ)だから、
自発性に弱点があるということがあるにしても、
自分が代案を持たないのに、
いちどは同感したアイディアを発展させようとしないのである。
b0141773_14155069.jpg

スポーツ選手にしたって、イメージングのストーリーを
すべて自分が考えるわけではない。
コーチにイメージを示してもらったら、それに全力投球してみることによって
イメージがしだいに自分のものになってゆく。

一般人の場合は、
映画やドラマ、読書などによってイメージを得る人も多い。
動機づは多様である、大事なのは、動機を発展させるシステムである。

動機づけが持続しないのは、1つはエネルギー不足、
言い換えれば「面倒くさがり」「意欲不足」、もっといえば怠慢。
夢はあっても、そのための準備もせず、
何年も、ただの夢を語り続けるケースなど。
b0141773_1419334.jpg

もう1つの原因は、自分を過小評価する性癖である。
自分の可能性についてあまり信じず、
「意欲」とか「野心」とかの概念を避けたり蔑視したりする傾向。
それは日本人の慎み深さの一面ではあるが、
それは発火点が高く、木材が発火する400度くらいではとても火がつかない、
という弱点を伴う。そうこうしているうちに人生が終わる。

そういう状況を勘案したうえで、
モチベーションの強化と持続をシステムにする。
野球選手でない人は、イチローみたいに、
絶体絶命の状況でバッターボックスに入るというピンチは
そうそう多くはないから、
時間をかけてモチベーション持続システムを構築できる。

たとえばノート活用、モチベーションの高い人との交流……
あれこれあるが、来年の正月、2010年1月10日に
パルマローザのブラッシュアップセミナーの講師のご依頼を受けたので、
ここでみなさんとご一緒に考えてみたい。

『健康支援者のための 将来を考えた自分づくり 10のアプローチ'』という
テーマを考えている。
[PR]

by rocky-road | 2009-09-16 14:16  

魚と話す、メタボと話すスキル

b0141773_21202046.jpg
座間味島へ行って来た。
1975年頃から始まった沖縄・座間味島への旅も、
34年間で20数回になるだろう。

初めてこの海をのぞいたときの感動は忘れられない。
「魚図鑑の綴じ糸が切れたように」、
各種各様の魚が乱舞していた。
ダイビング雑誌の連載ページに、そう書いたことがある。
b0141773_21211884.jpg

クラブ仲間の1人は、腰まで浸かって海の中をのぞいた瞬間、
まだ準備中の仲間に「ねぇ、大変、大変よォ~」と叫んだ。
事故ではなくて、それほどたくさんの魚が「大変」だったのである。

以後、沖縄へ行く人にはこう言うようになった。
「沖縄に行って海の中をのぞかないのは、
京都に行ってお寺を1つも見ないのに等しい」
b0141773_21215823.jpg

「雑草という草はありません。まず名前を覚えましょう。それが自然保護です」
というコトバに感化されたわけではないが、
野生生物と近くで接していると、自然に名を覚えたくなる。
何冊も図鑑を揃え、旅の前後に学習をした。
趣味はこうして深まってゆく。
魚の名前をどれくらい知っているか、
それがダイバーの勲章の1つともなり、モチベーションもアップする。

昔、画学生が旅行をするときには、カメラを持たせなかったという。
この話に尾ひれがついて、旅行にカメラを持って行くと、
観察がおろそかになる、と信じられるようになった。
が、どっこいどっこい、
水中に関しては、写真を撮る人は図鑑にも当たる回数が多くなるので、
それだけ魚……に限らず、海洋生物、そして海学への関心が高くなる。
b0141773_21224387.jpg

当然のこと、野生動物との接し方もうまくなる。
あるカメラマンは「心の中で、『オレはお前を愛している』と念じながら
魚に近づくとよい」と言ったそうだが、それは違う。

私に言わせれば、これではあまりにも人間的。
そうやって人間を引きずっているうちはダメで、
コトバを忘れ、ボディランゲージ力を発揮する、
いやいや「ランゲージ」なんて言っていてはダメで、
身も心も動物になりきること。
b0141773_21234259.jpg

この「なりきりスキル」は、子どもと接するときや、
出会ったイヌ、ネコ、カラス、ヘビ、トカゲ、アルパカ、
ヒマワリやマーガレット、ノカンゾウ(ヒガンバナ)などに
接近するときにも役に立つ。

「動物とのコミュニケーションがうまい人は、
人間とのコミュニケーションもうまい」
とは言えないところが人間商売の楽しいところである。
しかし、コミュニケーションといっても、それはバーバル(言語)コミュニケーション
だけではないことを知っておくことは有利であり、
ノンバーバルコミュニケーションにも、
ある種の文法があることを体得しておくことは、断然有利である。
b0141773_21241647.jpg

開き直り型のメタボおっさんや、
「あんた、いくつ?」といきなり人の歳を聞いてくるメタボおばさんとの食事相談などには、
むしろ野生動物とのコミュニケーションスキルのほうが役にたつかもしれない。

「それって、教えてほしい!!」だって?
うん、その前に、いつか座間味島に潜ってみない?
[PR]

by rocky-road | 2009-09-08 21:24