<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

キミは神風となって、国民の健康を守れ!!!

b0141773_2341094.jpg

高校入学当時、さしあたって入りたい運動部がなかったので、
テニス部に入ったら、その直後の体育祭にテニス部員として出るようにいわれた。

これまでは野球一点張りだったので、
ラケットなどという軟弱な用具(当時はそう思っていた)を持ったことがなく、
握り方さえわからない。
しかもダブルスだという。ダブルスのルールなんて、「聞いてないよ」
いくら「ムリだ!!」と言っても、上級生は受け入れてくれないので、
しぶしぶ出場した。
b0141773_2351661.jpg

結果は悲惨で、とても形にはならず、あっさり敗退した。
負けた悔しさよりも、30分ほどの特訓だけで
人前で競技をされられたことで、大きくプライドが傷ついた。
もちろん、即刻、テニス部は辞め、
以後、野球部、陸上競技部、美術部、写真部など、
自分の好きな部を作ったり再興したりした。

さて、いま、特定健診の流れで、検診結果がよくなかった人に対して
栄養士が、対面および文書で、食事相談をすることになった。
文章による食事相談で苦労している栄養士を見ると、
すぐに、わが人生の汚点、テニス部事件を思い出す。
b0141773_2362532.jpg

食事相談のトレーニングもまともに受けていない栄養士に、
対面はともかく、文章で食事相談をさせるなんて、
テニスのルールも知らず、ラケットの握り方も知らない新人を
試合に投入するようなもので、これは、栄養士にとっても
クライアントにとっても、世界残酷物語以外のなにものでもない。

以前、ある会社で「食生活カウンセラー」を養成し、
企業の健保組合をクライアントとするビジネスにかかわったことがある。
このとき、クライアントに渡す質問項目を作るのに10年かかった。
だれでもマニュアル化を考えるが、すでにあるフレーズを
いくら巧みに組み合わせても、血の通った文章にはならない。
b0141773_2365836.jpg

一時はやった、コピー機を使った手相診断も、
画一的な回答しかないことをクライアントに見破られて、すぐに衰退した。
そういう例を見ていたので、回答は手書きとし、
1件1件、しっかりトレーニングを受けた数十人の栄養士が、
自宅で深夜まで回答文を書いた。
しかしやはり、回答者の力不足で、あまり採算が合わなくなった。

いま、この失敗が繰り返されようとしている。
現在の方法はもっと荒っぽく、
カウンセリンク、文章力、手紙の作法などの、
基本となるスキルアップにあまり時間をかけているようには見えない。
これで食事相談が改善されると思っているとしたら、
こうした一連のプランナーは、よくよく人間学がわかっていない。

しかし、現在進行中の特定健診制度に異議を唱えるのはよそう。
神風特攻隊員に「君の死は、本当に生かされるのか」と問うのは、
残酷すぎる。わずかとはいえ、数回のサポートで
生活習慣を変えようと思うクライアントがゼロであるはずはなく、
やや無謀な突撃命令ではあるが、1ミリ前進を「よし」としよう。

が、サポートがうまくいかず、悩んでいる栄養士には言いたい。
うまくいかないのは、キミの努力不足のためではない。
キミはテニス部にきのう入った新人選手なのだ。

それに、人は、そう簡単には変われない。
「行動変容」は、一定の縛りの中(たとえば病院)にある人には可能でも、
野良犬のように自由自在に動き回る、
働き盛りの人たちにはなかなか通じない。
時間的に急かされ、焦れば焦るほど、獲物は逃げる。

結果を出せないことで悩むくらいなら、
「手紙の書き方」のような実用書を探して、
仕事のためというよりも、自分のコミュニケーション環境の向上のため、
と考えて、親しい人たちと手紙コミュニケーションを楽しんだほうが
結果として、自分の健康、世の中の人の健康に有効だろう。
[PR]

by rocky-road | 2009-02-19 23:07  

流行語大傷

b0141773_02159.jpg

毎年行なわれている「流行語大賞」の選定と授賞は、
国民の言語感覚を磨くうえで、大きな貢献をしている。
同時に、流行の流行たるゆえん(一過性)を再認識させることでも
貢献するところが大きい。

が、現実には、流行語らしくない流行語というものもある。
NHKが大好きな「立件を視野に捜査を進めている」
「注目を集めている」「成り行き不透明」、
「警察官が駆けつける」なども、
やや長めの流行表現である。
観察していたら、すぐに民放にも伝染して、
最近は民放の取材記者たちも頻発するようになった。
b0141773_0224680.jpg

マスメディアが自作の流行語を使う場合、
一見、正当な表現のように見えるから、
潜伏的に蔓延することが多い。
かつては、「言ってみれば」が大流行したし、
もっと遡ると、「突然の事故に近所の人は目をこすりこすり」というのがあった。
さらに遡れば、「紅蓮(ぐれん)の炎はあたり一体をなめ尽くし……」という、
火事の記事の定番があった。

記者は、短い時間に記事を書かなければならないから、
つい、だれかの使い古しに飛びつく。一種の思考停止状態である。
「立件を視野に」とまで言ったのなら「(視野に)入れて」を省くな。
「注目」はわざわざ集めなくたって、「注目されている」で充分。
「成り行き不透明」って、別に壁があるわけではなし、
未来を見通せなくて、それでもプロか。
未来は視覚で見るものではなく、知恵で見るものと、昔から相場が決まっている。
予測能力が及ばないときは、視覚(不透明)のせいにしないで、
素直に「予測しにくい」「予測不能」と言いなさい。
ちなみに、ひと昔前には「予断を許さない」がはやった。
b0141773_0241033.jpg

それにしても、警察官が〝駆けつける〟姿とか、
夜中に近所で事件があったとき、
〝目をこすりこす〟家から出てくる人を見かける確率は、どの程度のものだろう。
少なくとも、記者は絶対に見てはいないはずである。
以前、北海道だったか、お巡りさんが太っていては容疑者をつかまえられないと、
ウエートコントロール命令が出た、との新聞記事を読んだが……。

健康支援の世界にも、ちゃんと流行語はあって、
このブログでも、それとなく話題にした。
それはつまり、
「食の欧米化」「生活習慣病の急増」「自給率が世界でもまれなほど低い」
「粗食のすすめ」「食の安心・安全」などである。
流行語のご他聞にもれず、これらの表現の真偽のほどは定かでない。

気になるのは、健康支援界の流行語は、
はやりの期間が長すぎるということ。
「食の欧米化」なんて、もう30年も流行している。
30年もはやっていて、流行語っていえるか。

それはたぶん、この世界の時間が
ゆったりと流れているからだろう。
それはネズミの時間ではなく、ゾウかクジラの時間なのかもしれない。
無風状態は、進歩が遅いアカシなのかもしれない。
[PR]

by rocky-road | 2009-02-14 00:24  

集合写真、最近撮りましたか。

b0141773_1241663.jpg

上の写真は、1月のロッコム文章・編集塾、遠距離クラスの人たちの
ランチタイムのときのものである。撮影は影山 なお子さん。

「集合写真」の定義はむずかしいが、
ユーミンが歌うところの♪「卒業写真」♪、
つまり直立不動型がスタンダードであって、
以下のような定義が可能なのではないだろうか。
「3~4人以上の人が一定の場所に集まり、カメラに目線を向ける、
記念とすることを目的とした写真」
ちなみに、2人の場合は、近年、はやりの和製英語の「ツーショット」
(厳密には男女だが)、1人の場合はポートレート(肖像写真)と呼ぶ。
何人写っていても、撮られるほうがカメラ目線でないと集合写真とはいえない。
それはスナップ写真に近づく。
b0141773_1251147.jpg

デジカメは、集合写真の撮影範囲を画期的に変え、
その表現技法に多様性をもたらした。
冒頭の写真でいえば、コンパクトカメラながら、
レストランのテーブルに着席している人たちを
ストロボを使うことなく、1画面に収めてしまうのである。

カメラには「被写界深度」(ひしゃかいしんど)という光学的な原理がある。
ピントの合う範囲は、狙った被写体の前後、数ミリから数十センチに限定されるが、
デジカメ(おもにコンパクト型)では、その範囲が、
フィルムカメラに比べて飛躍的に広くなる。
そのうえ、暗さにも強いので、ストロボはほとんど使わなくてもよく、
遠くの人にはストロボ光が届かない、というようなこともない。
b0141773_126325.jpg

そのことがわかっていると、いろいろの集合写真が撮れる。
従来、集合写真というと、いわゆる「ダークダックス」風に、
(昔の男性コーラスグループ)
重なるように横並びして撮るものと決まっていたが、
いまは、被写体グループは、もっと自由にポジションやポーズを選ぶことができる。
そんな例をいくつかご紹介しておこう。

写真を撮らない人も、撮られ方は学習しておいたほうがよさそうだ。
そのポイントは、
①ダークダックスにこだわらない。座る、立つなど、前後にも並んで変化をつける。
②人の肩の間から顔を出すとか、前の人は中腰になるとかといった、
 前世紀のポーズはとらない。三々五々、好きなようにポーズする。
 人と人との間隔をあける。
③カメラマンも、卒業写真的配置のワンパターンにならないように注意する。
④かならず目をつぶる人がいるので、少なくとも3枚は撮る。
 それでも目をつぶる人はいる。何回か経験したら、
 その人には次の声かけをする。
 「◎○さん、目をつぶって!!」……「ハイ あけて」  (パチリ)
b0141773_1272614.jpg

いつ、だれと、人生のある空間を共有したか、
その証拠写真に、もっと個性を出せないものか。
[PR]

by rocky-road | 2009-02-06 01:28