<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

今年って、どんな年?

b0141773_2334357.jpg
わがロッコム文章・編集塾の今年の講義は
12月27日のクラスで授業を終了した。
年末の勉強日には、みなさんに1年の振り返りをしてもらうのが恒例になった。
今年、新しいことを始めた人たち(食コーチング研修、当塾入塾、英会話レッスンな
ど)は、もちろんそのことを今年のニュースとしてあげた。
雑誌に記事を書いた人、著書を出版した人、結婚した人、
結婚が間近い人、転職した人……など、
みなさん、明るい表情で語った。
共通しているのは、「人とのよい出会いがあった」という点だった。
b0141773_23351628.jpg

自分の1年をふり返って語ることは、
365日間のいろいろの体験や見聞を記号化することである。
日記は、文章力を高める効果以前に、
雑多な日々の中からポイントとなることを摘出して記録する、
いわば編集力強化にも役に立つ、と話しているが、
1年という単位においても同じことがいえるだろう。
b0141773_2336566.jpg
                     岡山県から通塾している大和悦子さん(上野アメ横で)

自分の体験を人前でコトバにすると、よい点が抽出され、強化される。
みなさんの表情が輝くのは、そのせいだろう。
反対に、家族との死別のようにアンハッピーなことは、
コトバにすることで悲しみ情報が一般化され、一種の風化作用が起こる。
悲しいとき、うれしいとき、泣いたりするのも、生理的であるとともに、
記号化であり、情報の発信である。そのあと、少し安堵がくる。
b0141773_23372676.jpg

こうして1年をふり返る機会のない人は、
日記の最終ページに「まとめ欄」をつくって記入してはいかが?
そうすれば、新年には「今年の抱負欄」を作りたくもなるだろう。

少し話が変わるが、花粉症の治療がきっかけで通い始めてから20年以上なる医院
で、今年最後の薬をもらってきた。例によっての3分診療だが、
医師の声かけは、いつも「どうですか」……
そしてほとんどこちらの回答を待たない。
そこで、問いかけるのは、なぜか私。
今回は、「今年1年、先生にとってどういう年でしたか」

さすがに、医院を出てから1人で苦笑してした。
私にとって、問いかけは、ビジネススキルではなく、完全に地なんだ、と。
「『どこも行けなかったかなぁ』っていうことは、
あらかじめ行きたいところがあったのですか」
などと、先生に次の質問をしなかった自分を、ちょっぴりほめてやりたい。

by rocky-road | 2008-12-29 23:37  

オバサマよ、「チェンジ!!」

b0141773_14193775.jpg
朝日新聞名古屋版にある
「ナゴヤマル」という投書欄に
56歳の管理栄養士が投稿をしている。
その記事を知人が送ってくれた。

「派遣労働者の使い捨て問題」は、
ニュースの中での話と思っていたら、
自分自身がくびになった、という嘆きである。


b0141773_1420319.jpg
「ある診療所で栄養指導の仕事をしていましたが
先日突然、『指導が厳しいから、もう来なくていい』と
言われてしまいました。
 私の仕事は禁酒、禁煙や食べ物の好みなど、
生活習慣を変えることでの治療なので、
指導を受ける方にはつらいことと思います。
 しかも対象となる方は、年齢的には
企業の幹部クラスの男性が多く、
仕事が大変なうえにそんな細かいことで
注意されるのかと、いうことなのでしょう。
 酒もだばこもお好きなだけどうぞとは
言えないし。私も因果な仕事を選んだものです。
しばし充電です」

この記事を読んで、栄養士のイメージや
社会的地位のアップにブレーキを
かけなければいいが、と案じてしまう。
相手にいやがられるほどの「指導」をしておいて、
自分が辞めさせられたのは、派遣労働者のケースと同じ、
と考えているこのノーテンキぶり。
クライアントの事情や意向、自発性などは眼中にないらしい。
b0141773_1421418.jpg

さらに、栄養士の仕事とは、酒やたばこを禁止することだと
心底から考えているようにも読める。
栄養士が「因果な仕事」なのではなくて、
アンタの強圧的でお粗末な「栄養指導」スキルに
天の罰が当たったのだと、
なぜに思えぬ、そのはかなさよ。 ♪

因果とは、因果応報、
意味の1つは、悪業(あくごう)の報いとして
不幸がやってくる、という教え。
災いがご本人に及ぶの仕方がないが、
その診療所や、「指導」を受けた幹部クラスの人たちに、
「栄養士トラウマ」や「栄養士アレルギー」を残しそうだし、
多くのセンスのよい栄養士の足を引っ張ること必定。
自分の思考やスキルに微塵の疑いもないから、
こんな恥ずかしい投稿ができるのだろう。
b0141773_14224683.jpg

どうやら特定健診は、
このテの「ノーテンキ栄養士」を
勢いづかせているような気がする。
このところ「行動変容」だの「介入」だのと
口走る栄養士によく出会うが、
そういうタイプの行きつく一例が
この56歳ノーテンキ栄養士なのではないか。

国家的施策が始まると
小躍りするヤカラが出現するのは
今も昔も変わらない。
戦時中、「ほしがりません勝つまでは!」
というキャンペーンが始まると、
人の着ているもの、へアスタイルにまで
イチャモンをつけるヤカラ、
空襲で「灯火管制」(とうかかんせい=電灯を消して
敵機の標的になるのを防ぐ)を強いられると、
町内のおせっかいなヤカラが、
人の家の明かりが漏れていると
怒鳴り回るなどなど。

「行動変容」とわめく栄養士を見ると、
なぜか「おい、そこの魚屋、明かりが漏れてるぞ!」
と叫ぶお調子モンを思い出す。
だがしかし、権力をカサにモノを言う奴は
「奢る(おごる)平家は久しからず」
の轍を踏むことになるだろう。

因果な仕事を選んだ56歳栄養士さんに
再生のチャンスはあるのか。
この際、受講料を私が負担して、
食コーチングの研修を受けさせてみたい。
これで再生できれば、
食コーチングの真価が証明されるだろうし、
なによりも、彼女に出直しのチャンスが生まれる。

それとも、経験や年齢は「チェンジ」を阻むのか。
アメリカ次期大統領・オバマさんに
オバサマに向けて一席ぶってもらいたい
「チェンジ!!!」と。

それでもダメなら、
「因果な仕事」は捨てて、
派遣労働者として出直すときかもしれない。

by rocky-road | 2008-12-23 14:22  

ハワイ、オーマイゴッド

b0141773_23394097.jpg
ハワイのマウイ島とオアフ島(ホノルル)、
2島めぐりの早歩き旅行に行ってきた。
日本人の感覚では、ハワイへの1週間の旅は、
ほぼ定番といってよいと思うが、
マウイ島で出会ったアメリカ人からは、
「オーマイゴッド」といわれた。
先方は、6~7人の一族郎党で2週間滞在とか。
世界的不景気の震源地の人にして、これである。
こちらは、日本を代表する「大橋予暇研究所」の主宰者。
ちゃんちゃらおかしくて、涙をこらえてぐっと唇を噛む。

b0141773_23371188.jpg
いちばんの目標はマウイのラハイナ見物と、
オアフ島でのスノーケリング。
ラハイナはかつての捕鯨漁港。
以前、海仲間から見せてもらった写真の風情が忘れられない。
昔風のアーケードでつながっている街。
画廊が何軒かあり、また大きなポスターを売る店もあって、
よくある観光地とは少し違う面がある。
この島には、アメリカの金持ちの別荘が多いと聞いた。
そのせいかラハイナは、リッチで、知的な雰囲気もある。
b0141773_23375828.jpg
が、メイドイン・ジャパンのパックツアーは、
やたらと焦っていて、島内観光を午前7~8時にスタートする。
「オーマイゴッド!!」
マウイ島の2日間は、すべてフリーにすべきだったと後悔した。
しかも、ガイド兼運転手の日本人は、
やたらと衒学的(げんがく的=博識をひけらかす)で、
かつ押しつけがましく、困ったダジャレを連発する。
幸い、ツアー客は全員、熟睡していたので、
被害は最小限ですんだ。
「ああ、栄養指導をされるクライアントの苦しさとは、これだな」と、
実感を持って納得した。
b0141773_23402045.jpg

オアフ島では、冬の嵐に見舞われて、
スノーケリングはできなかった。
ワイキキビーチの風景を沖から半水面で撮る、という計画は
強風にさらわれた。
くやしいが、海はそう甘くはない。
ビーチで過ごす時間も少なかった。
b0141773_2343972.jpg

わが「創る旅」は、未完成、
次のチャンスをつくろう。

by rocky-road | 2008-12-18 23:43  

1曲が、どこまでストレスを支えるか。

b0141773_2324226.jpg
11月30日に開催された
「パルマローザ 214回 ブラッシュアップセミナー」で
『ヘルスサポーターが理解しておきたい
ストレスとモチベーション』を担当した。
パルマローザのホームページにある
「活動結果レポート」には、
4人の方が感想を寄せておられる。

さすがパルマローザのメンバーだと思ったのは、
私が「ストレス」や「モチベーション」の定義にこだわっていることを、
しっかり理解してくださっていること。
そう、コトを論じるのに土俵を決めねば
守備範囲が決まらないし、決着もあいまいになる。
講演や論文を始めるときには、
定義や目標を整えてからスタートしたい。
b0141773_2325537.jpg

ストレスについて、
正しく把握していなかった人が多かったとしても、
それを無知と思う必要はない。
これまで、ストレスを論ずる人たちが
丹念に定義してこなかったからである。
いつもハンス・セリエの説に戻るのではなく、
その時代にわかっていることを加味して、
更新していく必要がある。
定義は、不変の真理とはいえない。
時代とともに見直す必要があるものが多い。

今回のセミナーで、
「慢性ストレス」や「手づくりストレス」というものがあること、
ストレスは簡単には「解消」できないものが多い。
あらゆるストレスを解消するなどということは、ありえない。
あるとすれば、それは死亡か認知能力を失った状態である。

一部の論者が「よいストレス」「悪いストレス」などといったのは、
ストレスが、好ましいモチベーションを
引き出すことがある、ということをいいたかったのだろう。
交通事故や親しい人との離別がきっかけとなって、
新しい意欲が起こることはある。
だとしても、それを「よい交通事故」「よい離別」などとはいわない。
事故や不幸と、転機や幸運とは
カテゴリー(定義)が違うように、
ストレスとモチベーションも、カテゴリーが違う。
b0141773_23255070.jpg

いずれにしても、ストレスについての理解度は、
ヘルスサポーターのサポート力の底力になる。
結果報告を書いた方々には、
その認識があるようなのはうれしい。
お1人、「ゆず」の曲を聴くことがストレス緩和法だと
書いていたが、少女のような、極楽のような
穏やかストレス環境がうらやましい。

危険分散という意味では、ゆずのほかに、
ワーグナーやプッチーニーや、
アンドレ・リューや、ナナ・ムスクーリや、
音楽ジャンルだけでも、多様性がほしいが、
世の中には、ストレスのダメージを受けない人、
ストレスそのものを感じない人も多いから、
余計なことはいうまい。

by rocky-road | 2008-12-06 23:26  

人間研究家 ヘルスサポーター

b0141773_0331777.jpg
パルマローザのセミナーで、
「ヘルスサポーターが理解しておきたい
ストレスとモチベーション」という演題で
話をさせていただいた。

ヘルスサポーターに、なぜそんな話が必要なのか。
それはいうまでもなく、
人間、いや動物の存在は、モチベーションとストレスなしでは
説明しきれないからである。
ストレスの学会はいくつもあるから、
そういう話は専門家に任せておきたいが、
「ストレス&モチベーション学会」というのはなさそうだし、
仮にあったとしても、専門家は、その学問を
生活の中でどのように活用するかを説くのがヘタだから、
いわば翻訳家が代わってやるしかない。

ストレスとモチベーションはセットである。
過労死するような人は、
仕事に強いモチベーションを感じている。
が、ストレスも相当にたまる。
モチベーションが強いと、それによるストレスを感じない。
ここに危険がある。
モチベーションは、かならずしもプラスに働くとは限らない。
b0141773_034040.jpg

講演では、「よいストレス 悪いストレス」という分類は誤りだと言った。
が、モチベーションのほうは、強弱だけでなく、適否もある。
宅配便を語って人の家に侵入するのは
社会にとってマイナスのモチベーションである。
自分自身を破滅させるモチベーションでは困るが、
それもまたモチベーションではある。

仕事への高いモチベーションそれ自体は悪くはない。
問題なのは、モチベーションに多様性がないこと。
大小・強弱・長短・物質性・精神性……
いろいろのモチベーションに動かされている人は、
ストレス病へのリスクを軽減できる可能性がある。
b0141773_0343983.jpg

食事相談だからといって、栄養素や食卓の上の話に
終始しているのは、もはや古典的手法。
人の人生、人のモチベーション、
人のストレス、人の幸福感などを
考えたことがない者が、「患者さんの行動変容を……」
などと口走るとは、恥ずかしい。
さらに、そういう青臭いスキルを
組織的に教えている者があるとすれば、
それはガマの油売りほどにいかがわしい。

by rocky-road | 2008-12-03 00:48