<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

立ち食い文化よ 「アニョハセヨ」

b0141773_039712.jpg

ソウル、2泊3日の旅を楽しんできた。
といっても、ミョンドン(明洞)、インサドン(仁寺洞)、
トンデムン(東大門)などの繁華街と、
チャンドックン(昌徳宮)という名所旧跡を
ちらと見た程度。

印象に残ったのは、屋台で立ち食いをする若い女性が多かったこと。
屋台が出ているどの通りでも、立ち食いの主役は若い女性。
なぜか頼もしい気分になってレンズを向けていたら、
結果として、女性の立ち食いシーン調査の旅みたいになった。

b0141773_0405145.jpg

時間的には夕方の4時くらいから夜更けまで。
そういえば、博多にも似たような風景があった。
あれは夕食なのか間食なのか、
ときには夜食なのか。
見ていると、食べているのは、四群点数法でいう
第二群(動物性食品ほか)か第四群(穀物)のようである。
しかし、彼女たちの体型にさしたる問題はない。

準備のない旅だったので、帰ってから、
韓国の食生活事情を知りたくなった。
統計的には、韓国国民の1日の野菜摂取量は
世界一の約700グラム。
しかし、その原因はあの屋台にはない、
少なくとも私が見た範囲では、
野菜中心の立ち食いではなかった。
b0141773_0452957.jpg

ところがきょう、新聞には、韓国の「保健福祉家族省」が
肥満の原因になるような食品……エネルギーの高い菓子やカップめん、
ハンバーガー、炭酸飲料などのテレビコマーシャルや
学校周辺での販売を禁止することを検討している
という記事が載っていた。
当然、食品会社が反対するだろうから、
決定するにしても、それまでには時間がかかりそうだ。

その結果はともかく、
行政機関が、こういう発案をすることに興味がある。
数千、数万とある食品の中から、〝肥満原因食品〟と、
そうでない食品をどうやって分別するというのか。
それはそれとしても、国家がそこまで責任を感じる姿は
美しくも涙ぐましく、そしてちょっと怖い。

食育基本法は日本の発案だが、
韓国流にやるなら、1日1回、
一家団らんを実行しない家庭は告発する、
車中でカップラーメンを食べたり化粧をしたヤツは逮捕する、
とでもやるか。

国民の健康管理を教育や情報でではなく、
実際行動による介入で行なう場合、
その程度を決めるのはきわめてむずかしい。

たとえば、食育基本法の精神を貫くために、
栄養士を動員して家庭単位に「指導」でも始めたら、
栄養士は市民の敵になりかねない。
現在の「行動変容」のかざし方を見ていると、
「○○○○に刃物」ほどに怖いことになるだろう。

何かというとわが国の食糧自給率の低さを嘆く人がいるが、
b0141773_0464678.jpgずっと嘆き節を唸っていてほしい。
文化大革命みたいに、
「若者よ、農場へ」なんてことになったら、それは職業選択の自由を奪うことになる。

ソウルの屋台で立ち食いをするレディよ、あなたたちは、だれがなんと言っても美しいし、チャーミングである。
[PR]

by rocky-road | 2008-11-22 00:38  

「現代はストレスの時代」だなんて!!!

b0141773_23211927.jpg

以前、著名な精神科医のストレス入門のような本を読んでいたら、
序文に「最近は素人がストレス論をやるので困る」とあり、
本文の中でも、「現代は人間関係が複雑になり、
またコンピュータの普及したことによって、
だれもがストレスをかかえるようになった」と述べていた。
即座に「ホントかね?」と疑った。

カエサル(シーザー 紀元前100年)は、
腹心の部下、ブルータス(ブルトゥス)の一派に
暗殺されたとき「ブルータス、お前もか!」と叫んだという。
織田信長は配下の明智光秀に討たれた。
ストレスは大昔からあった。死を伴うものも多かった。
「地震、雷、火事、おやじ」そして、台風、津波、
飢饉、戦(いくさ)などがあった。

b0141773_23215186.jpgなかったのは、「ストレス」というコトバだった。
ハンス・セリエが「ストレス学説」
(論文名「各種有害作因によって惹起された症候群」)を
発表したのは1936年7月4日というから、
言語的には、それ以前には「ストレス」はなかった。
私は、東京大空襲を小学校3年生で体験したが、
確かにそのころは「きのうの空襲のストレスはひどかった」
などという大人は1人もいなかった。
まだ日本には、「ストレス」はなかった。

しかし、今日いうところのストレス的なものは、
人類が始まる以前から、強烈なものがあった。

ストレス学説は、人体の生理反応の考察だから、
その反応を知っていようが、知っていなかろうが、
もともと動物には起こりうる現象なのである。

現代だけがストレスの時代のようにいうのは、
専門家を鼻にかけた人間の、視野狭窄からくる誤解である。
それじゃぁいうが、そもそも精神科医はストレスの専門家なのかね。
あの文庫版の入門書を読んで以来、
ストレス論もまた、専門家に任せておけばいい、
というものではないことを、再認識した。

b0141773_23223251.jpg以来、ストレスについて小論を書いたり論じたりしてきた。
人間の行動傾向を知る手かがりの1つは、その人のモチベーションやストレス因に着眼することでもある。
食事相談を担当する人が、
人のモチベーションやストレスを洞察することは、
「問いかけストーリー」をつくっていくうえで、
欠かせない手法の1つであろう。

モチベーションとストレスは、
1セットの研究ではないが、
あえて、この2つを同時に論じてみたらどうなるか、
かねがね論じてみたいと、思っていた。
素人なりのアイディアもある。
今度、パルマローザから機会をいただいたので、
ヘルスサポーター向けのバージョンでご披露してみたい。

---------------------------------------

パルマローザ栄養士ブラッシュアップセミナーからのご案内
 ■日にち  2008年11月30日(日)     
 ■時間  10時30分~17時30分
 ■場所  横浜崎陽軒会議室2号室
 ■研修費 1万円(昼食代含む)

 ■人数:35名

  第215回栄養士ブラッシュアップセミナー、
  「クライアントのモチベーションとストレスをどう把握するか」
  大橋禄郎先生のセミナーにご参加ご希望の方は、
  palmarosa@yours.biglobe.ne.jp
   パルマローザ栄養士ブラッシュアップセミナーまで、
  おなまえ、ご連絡先(お電話も)、ご所属名を明記のうえ
  ご連絡ください。
  お振込み口座、場所などのご案内を個別にご返信させていただきます。 
  みなさまのご参加お待ちしております。  
[PR]

by rocky-road | 2008-11-13 23:23  

壮にして学べば、即ち老いて衰えず。

b0141773_0464151.jpg旧知の栄養士さんからハガキが届いた。
永年勤めた私立大学の健康管理室を
定年退職をしたという近況である。

彼女は、ご自分が属する大学の学生の食生態を、30年以上調査し続け、それを冊子にして関係機関に配布してきた。私の『栄養と料理』時代には、その一部を誌上で紹介した。その調査によると、大学1年生のころは、外食の機会も少なく、喫煙や飲酒の習慣も当然ながらごくわずか。
しかし、学年があがるにつれて、
男女とも、右肩あがりに夕食の外食が増え、
朝食さえ家でとらない人が現れ始め、
コンビニの利用率が増え、就床時刻も起床時刻も不安定になる。

学生時代の4年間は、人生の中では短い期間だが、
このときに、大人になることとは、生活習慣がラフになることだと
刷り込まれてしまうと、生活リズムの狂いにも気づかなくなり、
健康度の低い人生を歩くことになる、
そんな予兆を早ばやと示してくれた研究だった。

栄養士として、どんな業績を残すかを
考えながら仕事をしている人は少ないだろうが、
60歳くらいから先の状態をイメージしておくことは意味がある。
職場のある人は、その職場にいたからこそ続けられることがあるだろうし、
フリーや開業して活動している人は、
その利点を生かすことを考えるだろう。
あるいは、いずれも、まったく違う道へ転進するケースも珍しくはない。
b0141773_051469.jpg

今から20~40年前、
「クッキングスタジオ」を開設し、「フードドクター」を名乗った人、
食事サロンやマスメディアでの仕事を中心にする会社を興し、
「ヘルスプランニング」とネーミングした人、
ダイエットなどを支援する会社を設立し、「カロニック」と命名した人、
料理雑誌や書籍の栄養計算を一手に引き受ける仕事を始めるとき、
「メニューデータ プレゼンテーション」と名乗った人など、
どんな時代にも、自分の道を見つけ、歩き続ける人はいる。

そうした人のお1人、東畑朝子先生(フードドクター)には、
来年の1月10日、パルマローザ・ブラッシュアップセミナーで
お話しいただくことになったので、
もっとも先駆的なパイオニアの、力強いライフスタイルの一端に
接することができるだろう。

b0141773_0522292.jpg志のある人には、順風も逆風もない。
あるのは「わたくし風」だけである。

幕末に活躍した朱子・陽明学者、佐藤一齋は、
自著『言志四録』(げんししろく)にこう書いた。

少にして学べば、即ち壮にして為すことあり。
壮にして学べば、即ち老いて衰えず。
老いて学べば、即ち死して朽ちず。

(渡部昇一著 『ものを考える人 考えない人』 
三笠書房による)

いずれにしろ、大人である自分の動機づけは、
自分が主体となってするしかない。
[PR]

by rocky-road | 2008-11-10 00:49  

写真選びのシーズン

b0141773_1475614.jpg
11月は、自作写真の振り返りの季節である。
10月から3月くらいまで、いくつかのフォトコンテストの
応募締め切りが続くし、年賀状に使う写真選びもある。
また、長年、クリスマスにお届けしている
新年度のフォトカレンダーに使う写真選びもある。

今年は、年賀状に使った写真が「よみうり写真大賞」に
入賞してしまった(!?)ため、
急遽、別バージョンを作る必要が生じた。
2つのフォトコンに、同一写真はもちろん、
類似カットを応募することは厳禁……というのは、
フォトコン歴40年としては常識中の常識。
b0141773_1492191.jpg

が、自分の年賀状とのバッティングもNGとは、
実は電話で確かめるまでは知らなかった。
私が知る限り、
過去のあらゆるフォトコンの応募規定には
そんな条項はなかったはずである。
しかし、主催者の立場に立って考えたとき、
たいへん愉快とはいえないケースなので、
念のために問い合わせてみた次第。
ちなみに、インターネットに使ったものは、
もちろん「未発表作品に限る」という応募規定に抵触する。

で、けっきょく、年賀状に使う写真と、
これから応募する作品とを何通りにか分ける必要に迫られている。
「ついでカメラマン」には、そんなに作品のストックがあるはずもないが、
だから悩み、その悩ましさが楽しみシーズンともなっている。
b0141773_1494889.jpg

ここまでは趣味の話として、
最後に年賀状の、きわめて私的な禁則例を3つほど。

1.肉筆が1字もない年賀状なら、出す必要はない。
  受取人としても、こういうものを2回もらった時点で
  その相手とは、年賀状のやり取りはやめる。
  パソコン活用、おおいに結構。
  でも、すべりがよく、インクの色ツヤのよい筆記具くらい、
  新年度用の箸と一緒に買おうよ。

2.家族や一族郎党の近況や抱負を
  相手かまわず伝えない。
  個人情報云々がはやりだが、
  伝えてもらいたくない個人情報もある。
  孫の花子が笑ったの、ネコを噛んだの、
  どうかひとつ、そういう話は、
  身内にとどめておいてほしい。

3.「ぜひ今年はお目にかかりましょう」などと、
  毎年同じフレーズを使わない。
  お互い、会う可能性がないなら、それも運命と思って、
  現実をきっぱり受け入れよう。
  人生は流転するのだ!!!
[PR]

by rocky-road | 2008-11-02 01:49