コーディネート力は生物の「適応力」。

b0141773_16042581.jpg

12月は、毎月のクラスのほかに、

10日には「栄養バランス 四群点数法」シリーズ

3回目の講義、

16日は、食コーチング入門コース第22期修了日での講話、

17日は、第62回 食ジム「講話力--私の場合。」に出席、

23日は、第37回、遠距離クラスでの講義、

そしてクリスマスイブの24日は、

「ぶらパルマ」のガイドとしてのお台場~銀座歩きなど、

セミナーやイベントが続いた。

b0141773_16054332.jpg

これらのイベントの意義を

1つのキーワードで説明すれば、

「ヘルスプロモーション」のための

感性磨きと、スキルアップということになるだろう。

b0141773_16035321.jpg

「人々が自らの健康をコントロールし、

改善できるようにするプロセスである」という

WHOのオタワ宣言に従うならば、

その基本スキルとして

コミュニケーション力強化は欠かせない。

どんなにすぐれた知識や技術も、

それを運ぶコミュニケーション力がなければ、

プロモートしようがない。

b0141773_16072005.jpg

ときあたかも、

NHKラジオでは、

「冬休み 子ども科学電話相談」放送シーズン。

小学生低学年生からの質問に、

その道の専門家がタジタジとなっている。

まさしく、1つの情報をうまく伝えられない。

b0141773_16033454.jpg

「水槽の中で、金魚は死ぬと沈むのに、

メダカは浮いてしまう、それはなぜか」

を説明するのに「比重」や「機能」

というコトバが出てきて、

回答者自身がもがいている。

b0141773_16081748.jpg

「キリンには、ほかの動物には見られない

2本の角があるのはなぜか」

を説明するのに、

うまくコトバが出てこない。

少なくとも研究者はここでは「先生」なのだが、

「おじさんは、おじさんは」と

繰り返す。

b0141773_16090998.jpg

子どもと対話する国語を持っていない。

子育て時期が終わって久しいので

子どもとのコミュニケーション法を

忘れてしまったというのではなく、

もともと、そういうトレーニングを

してこなかったことがわかる。

b0141773_16093036.jpg

こういう実状に直面すると、

健康支援者、栄養士の場合はどうだろうか

と思わざるを得ない。

「栄養バランスってなんですか」と、

子どもではなく、

街行く大人に尋ねられると、

立ちすくむ専門家が多いのではないか。

b0141773_16105285.jpg

しかし、10日の「食ジム」での

座長の見事な司会・進行ぶりを見ると、

一部ではあるが、専門的な知識を、

専門外の人に伝えるコミュニケーション力が、

ついているのを実感して安堵する。

b0141773_16113790.jpg

健康支援者の講話や講演のあり方について

話し合ったのだが、

座長(米澤須美さん)の司会ぶりを見て、

日本中の健康支援者が

こんな司会・進行ができるようになったら、

国民の健康意識は、

数段階は駆けあがることになるだろう、

と思った。

b0141773_16153360.jpg

人工頭脳が人間の領分を侵す可能性が

しばしば話題になるようになったが、

集団思考の方式や、

そこから生まれるアイディアは、

永遠に人間の領分であり続けるだろう。

b0141773_16155926.jpg

遠距離クラスでは、

「コーディネート力 強化のための方向性。」

をとりあげた。

「文章教室」としては

「思えば遠くへ来たもの」だが、

文章も表現も

人とのコミュニケーションのためにあり、

モノを考える手段として存在するものだから、

「コーディネート」をテーマにするのは、

当然の成り行きである。

b0141773_16165158.jpg

たとえば、

クリスマスイブに、

家族とではなく、

恋人や仲間と過ごすことが多い「日本型」では、

お台場からスタートする「ぶら歩き」「ぶらパルマ」も、

コーディネートの1パターン。

b0141773_16193183.jpg

b0141773_16191810.jpg
b0141773_16210738.jpg
b0141773_16232799.jpg

冬のお台場、都会のアウトドアは

人が少ない。

b0141773_16223413.jpg
b0141773_16222235.jpg
b0141773_16221119.jpg

ユリカモメとの野生コミュニケーションは、

退屈なスポーツ試合よりもエキサイティング。

b0141773_16174174.jpg
b0141773_16175698.jpg
b0141773_16182240.jpg

みなさんの予定を聞かぬまま、

お台場から銀座へ、

そして有楽町イルミネーション通りへ。

b0141773_16195408.jpg

正午から21時の解散まで、

アドリブの「ぶらパルマ」まで、

12月の健康支援者関係のイベントは終わった。

b0141773_16244198.jpg

b0141773_16245294.jpg
b0141773_16252771.jpg
b0141773_16251524.jpg
b0141773_16250328.jpg


[PR]

by rocky-road | 2017-12-26 16:25  

<< 健康って「病」なの? 恩師、芳賀 綏先生のご逝去。 >>