栄養士は「外食」でも健康を支援する。

b0141773_23090032.jpg

ときどき、初めて行った土地で

同行者の好みに合った飲食店を見つけることがある。

国内に限らず、

ハワイでもグアムでも、

パリでもボストンでも、アムステルダムでも。

「どうして、ここがおいしい店ってわかったのですか」

と、あとから聞かれる。

b0141773_23084302.jpg

b0141773_23131700.jpg

「直観」としか言いようがないが、

それでは能がないので、

それなりに自己分析を試みる。

 *店頭のデザイン、ややクラシカルな風情。

 *屋号が浮わついていない。

……なんてやってみるが、

どれも感覚的で、

人に秘伝を授けるほどの内容とはならない。

b0141773_23134724.jpg

で、つまるところ、

店選びのポイントは、

とにかく数をこなすしかない、そこに行きつく。

b0141773_23132882.jpg

外から見て、

料理の適否などわかるはずがないのである。

3段階評価でいけば、

「いい」「ふつう」「ダメ」であり、

「いい」の打率が3割以下であったとしても、

「いい」評価は記憶に残り、

「ダメ記憶」は消去されるので、

相対的に「店選び名人」になれるのである。

つまり、答えは脳科学にあり、ということだ。

b0141773_23151823.jpg

とはいえ、「ヘタな鉄砲も数撃ちゃ当たる」でもない。

人の意見に振り回されない信念や、

コツコツ仕込んできた「食のセンス」が、

こんなところでもベースとなる。

b0141773_23195314.jpg

ところで、去る813日(日)、

58回 「食ジム」では、

「食べ歩きの名ガイドとしての『幹事力』を鍛える」

というテーマで話し合った。

b0141773_23204424.jpg

もう、この「食ジム」は

栄養士、健康支援者の思考のレパートリーから見たとき、

世界の同業者からは何十年分も先へ来てしまっている、

と見てよさそうである。

「自然とどうかかわるか」

「生きがいとはなにか」

「おもてなしの心をどう表わすか」

こんなテーマで1日に語り合う健康支援者は、

世界のどこにあろうか。

b0141773_23213453.jpg

しかし、「食ジム」が進んだ、

と考えるのは正確ではなく、

世の中が、そして健康科学が

どんどん先へ行っているのである。

つまり、栄養、運動、休養による健康促進から、

それに加えて、「ストレスコントロール」

「よい人間関係の維持・発展」「そして生きがい」

最近の長寿や認知症医学の知見も、

ますますライフスタイルとの関係を

重視する方向へと移ってきているではないか。

「食ジム」は、

そういう動きに歩調を合わせているに過ぎないのである。

b0141773_23222489.jpg

いまどき「外食は控えましょう」

などと言っている栄養士は、

完全にガラパゴスにしか生存しない固有種である。

「食ジム」では、

自分だけが外食を楽しむというところから、

さらに、その機会を人にも与えよう、

という話し合いをした。

b0141773_23234679.jpg

遠からずエビデンスが示されると思うが、

生涯にわたって外食の回数が多い人ほど、

健康寿命が高いということになるはずである。

とくに高齢期以降の外食利用率は、

健康寿命にプラスに働くことだろう。

(ホームレスやそれに近い生活をする人は別として)

b0141773_23243621.jpg

栄養士としては、

自分を除く最低5人以上の人が参加する

飲食を伴う集まりの幹事を務めることができるプロとして、

そろそろ一歩を踏み出してもいいころである。

b0141773_23244963.jpg

「それって、フードコーディネーターの仕事じゃない?」

という人があるかもしれないが、

さて、そのフードコーディネーターは

いま、社会でどんな仕事をしているのだろうか。

その肩書で仕事をしている人の数は、

栄養士に比べてはるかに少ないのではないか。

それはそれとして、

栄養士が外食の楽しいシーンをプロデュースすることは、

健康支援の仕事の一環なのである。

つまり本業の延長線上にあるわけだ。

b0141773_23255820.jpg

現在のところ、

その役割に気づいている栄養士、健康支援者は、

全国の同業者に対して

0.00数%というレベルだと思うが、

健康をサポートすることは、

楽しさをサポートすることにも通じるから、

食シーンの幹事力は、

今後の「専門性」の一部になるし、

直接・間接的にビジネスチャンスにもなる。

b0141773_23252117.jpg

これまで、栄養士さんには各地でお世話になったが、

「ご招待」の宴席を、地図を見ながら

一緒になって探し回ったことが何回かある。

インターネットで調べたから、

すっとは行きつけないというのである。

途中で、「直感」が働いてしまって、

「ここのほうがいいのでは?」と思うところがあっても、

そこを素通りする辛さは、「名ガイド」(?)としては、

なんとも辛かった。

b0141773_23253760.jpg

そこで、

「食シーンのための幹事マニュアル」の

お試しポイントをあげておこう。

b0141773_23280444.jpg

1.使う店は、一度は飲食をし、評価が定まったところを。

2.初めて幹事になったときは、

  候補の店を訪ねてチェックしておく。

  (1軒を決めるのに5軒も試食した、

  というようなことがないように、普段から利用する)

3.合格したものは手帳に記録する。

  住所録などに「飲食店」というコーナーを設けて、

  記録する。

  (途中で閉店や移転があるからときどき更新)

b0141773_23282151.jpg

4.最初はメディア情報であっても、

  インターネット情報であっても構わない。

  チェックさえしてあれば。

  ただし、そのネタばらしは自分からはしない。

5.人を連れていくとき、「おいしいから」と

  あまり前宣伝をしない。

  「お口に合うかどうか自信ないけど、

  私はおいしいと思ったので」くらいか。

  「あの人が選んだのだから安心」と

  いわれるようになるまで、修業は続く。

6.こういうキャリアを積むためには、

  お酒は少々、飲めるほうがいい、

  食材や料理の好き嫌いは大人としてダメ。

b0141773_23293648.jpg

7.いくつもの店のストックを持っていると、

  相手により、時間帯により、目的によって、

  最適な店を選ぶことができる。

8.どんなに行きつけになっても、

  店の人と親しくなり過ぎない。

  売り手と買い手の立場は堅持する。

9.以上のことを「幹事になったときのために」

  という構え方で処するのではなく、

  自分の食生活にバラエティをもたせる、

  人生の楽しみ方の1つ、

  というくらいの考え方で、軽~く流していく。

b0141773_23283597.jpg

さて、いつ、あなたのおすすめのお店で

みんなで歓談できるのかな?


[PR]

by rocky-road | 2017-08-17 23:30  

<< 読書は表現力を強化する。 「友の愛を入れてほしい」 >>