「友の愛を入れてほしい」

b0141773_21564241.jpg

去る723日、

食コーチングプログラムス

継続的に行なっている

「栄養士のライフデザイン

 いま、5年後、10年後……。」

というセミナーに特別講師としてお招きいただき、

講話をする機会を得た。

b0141773_21570445.jpg

ポイントは3つ。

1.現在の立ち位置の把握。

  現職についてどの程度満足しているのか。

2.栄養士・健康支援者の方向性。

  20年前、10年前とは

  栄養士・健康支援者の仕事のあり方は

  かなり変わってきており、

  これからも変わっていくだろう。

3.ライフデザインの描き方。

b0141773_21562936.jpg

健康支援者に限らず、

いまの日本人の多くは

国や自分の行く末などには関心がうすく、

生きている実感さえなく、

日々をついでに生きている。

b0141773_21574213.jpg

周辺の複数の国が、

日々、軍事力を強化し、

間近で軍事的威圧を続けているのに、

わが国会やマスメディアは、

どうでもいいようなちっぽけな案件を

争点にしたりニュースにしたりしている。

平和ボケもここまできた、

と認識しておく必要がある。


ついでにいえば、

国民が日用雑貨しか買わなくなったから、

国会もマスメディアもコンビニ化して、

清涼飲料やサンドイッチ程度のものしか

扱わなくなった、ということである。

b0141773_21582246.jpg

新聞やテレビ、ラジオの

政治や時事問題を見るときには、

自分がコンビニの店頭に立っていると思えばよい。

b0141773_21590733.jpg

健康支援者としては、

平和も健康も、ある頂点を超えると

今度はマイナスのほうに向かい始める、

という点は押さえておく必要がある。

つまり平和や健康も、

限度を超えると逆走する可能性がある。

b0141773_22104785.jpg

人間は、栄養以外にも、

心の栄養、つまりモチベーションを補給して生きる動物だから、

先になんの展望もなく、

その日暮らしをしているタイプは、

一見、極楽の生活のよう見えても

パワーダウンで失速する。

b0141773_22110923.jpg

栄養士、健康支援者の仕事の質も大きく変わりつつある。

食コーチング」は

生きがいづくり」をテーマにしているように、

少なくとも栄養士も、

いつまでも話題を食卓まわりに限定して、

すましているわけにはいかない。

b0141773_22113093.jpg

なのに、「生きがいづくり」のプロ自身が、

自分の人生をどう生きるか、

展望を持っていないのでは、

登山経験のない山岳ガイドのようなもので、

人を安全にガイドすることなどできはしない。

ところで、

去る718日に、105歳で亡くなった

日野原重明先生には、

かつて『栄養と料理』の誌上で

香川 綾先生との対談に出ていただいたことがある。

確か、聖路加病院までお迎えにあがった記憶がある。

当時、日野原先生は79歳、

綾先生は91歳だった。

b0141773_21595669.jpg

対談のタイトルは

どの人みたいになりたいか、

探してごらん。」

サブタイトルは

「〝健康な心〟を語る。」であった。

健康な生き方について、お2人のプロが語り合う、

有意義な対談であった。

日野原先生は、この中で、

電車の中で出会う高齢者を見て、

自分の将来のカタチをイメージするとよい、

ともおっしゃっている。

b0141773_23160566.jpg

そして、結びのところで、

こんなことを話しておられた。

長くなるが、紹介しておこう。

日野原氏の発言。

 

 講演のときに、こういうことをよく言うんですよ。

 みなさんが死ぬときに閻魔(えんま)さんが

 出てくるかもしれませんよ。

 そのときに、あなたの生涯の中で、

 あなたが人から、親でも、先生でも、社会でもいい、

 とにかくだれかからもらったものと、

 あなたが人に与えたものと、どっちが多いかを

 はかりにかけるとしたらどうか、とね。

 もらうばっかりで、人に与えなかった人、

 できるだけ与えようと努力した人……、

 そのバランスは死ぬときに自分でわかると思います。

 私がそう思うようになったきっかけは、

 タゴール(インドの詩人、哲学者)の詩です。

 タゴールが80歳くらいのとき、

 来年の自分の誕生日には

 もう自分はいないだろうという遺書のような詩を作っています。

b0141773_22010353.jpg

 その詩というのは、

  「私がさげているずた袋はすっかり空になった、

  与えることのできるものはすべて与えつくした。

  その空になったずた袋に

  なにかほしいものを入れられるのだったら、

  私が犯した罪の許しを入れてほしい、

  そして友の愛を入れてほしい。

  それをさげて、

  私は三途の川を渡ろう」

 という意味なんです。

日野原先生にして、

やはり生き方の手本となる人が存在した。

(タゴールはその中の1人にすぎない、だろう)

日野原先生の死生観は、

旧来の地獄か極楽か論を思わせるが、

現代の健康論でいえば、

人に与えるもの、貢献できる力がある人ほど、

健康度が高くなる、健康寿命が延びる、

ということになるだろう。

b0141773_22013380.jpg

くだんの

栄養士のライフデザイン

 いま、5年後、10年後……。」セミナーでは、

人生の地図として、

名作といわれる文学作品を読むといい、といったが、

考えてみると、文学を読みつけない人には、

シンドイかもしれない。

b0141773_23163717.jpg
b0141773_22011772.jpg
b0141773_22130008.jpg

そこへのつなぎとして、

いくつかの本が頭に浮かんだ。

あえて「厳選」せず、ジャンル不問であげておこう。

比較的軽く読めるものばかりである。

手元にあるものは写真に撮ったが、

デザインが変わっているものがあるかもしれない。

『海からの贈物』は、紛失中で写真なし。

b0141773_22122264.jpg

*海からの贈物

 (新潮文庫) 文庫

 アン・モロウ・リンドバーグ (), 吉田 健一 (翻訳)

 女性の生き方を述べた短編のエッセイ集。

 ダイビングの入門書ではない。

 小林カツ代さんが好きだった著者でもある。

b0141773_22123641.jpg

*人間について(司馬遼太郎対話選集7

 (文春文庫)


*僕はいかにして指揮者になったのか

 佐渡 裕著 (新潮文庫)


*世界一豊かなスイスとそっくりなニッポン

 川口マーン恵美著 (講談社α新書)

 これの前に『住んでみたドイツ……』が出ている。


*日本人へ リーダー編

 塩野七生著(ななみ) (文春新書)


*思考の整理学

 外山滋比古著 (ちくま文庫)


今回はここまで。

b0141773_22172620.jpg


[PR]

by rocky-road | 2017-07-31 22:17  

<< 栄養士は「外食」でも健康を支援する。 「自然バランス」とれていますか。 >>