「自然バランス」とれていますか。

b0141773_23581957.jpg

去る716日の、

57回「食ジム」のテーマは

人は自然と関わることで

なぜ健康度が上がるのか。」であった。

b0141773_23555609.jpg

「健康」を現代的に定義すれば、

  「日々の思考や行動の自由度が

  個人の中で比較的高く、

  心身に著しい不安や苦痛、

  重篤な病気がない状態」(大橋)

となるが、

自然は、思考や行動の自由度を高めるのに

プラスに働く可能性が大きい。

海や青空、山や湖を見て

気分が悪くなる人はそう多くはないはず。

b0141773_23571269.jpg

ルーツをたどれば、

人間は自然の真っただ中にいることを好まず、

樹上から草原に降り、二足歩行を獲得し、

集落に集まり、田畑を作り、町を作り、

都市を作ってきた。

その歴史を振り返れば、

「自然が好き」とは、とても思えない。

b0141773_23565134.jpg

b0141773_23570262.jpg

しかし、仕事に追われ、

または、仕事への意欲もなく、ボケっと過ごし、

自然をまったく感じなくなってしまうと、

健康度が落ちてくることは体験的に知っている。

b0141773_00013248.jpg

都市では、

全身日除けの布で覆って歩く人、

自転車で走り抜ける人の割合が多くなっているが、

まさしく自然を嫌う姿である。

b0141773_00024034.jpg

研究課題として、

そういう「怪傑黒頭巾」パターンと、

直射日光を浴びながらも、

笑顔で歩く人と、

どちらの健康度が高いかを

50年間くらいの追跡調査をしてみるとどうなるか。

b0141773_00045518.jpg

そんなのにエビデンスはいらない。

黒頭巾のほうが短命で終わるに決まっている。

酸素と太陽光という、

危険極まりない酸化促進環境を防御した人は、

人とのコミュニケーションの機会をも防御し、

生涯で収集する情報をも抑制することになるから、

知的動物である人間のモチベーションを低下させ、

結果として、

健康度を下げる方向に向かう可能性が大きい。

b0141773_00043234.jpg

人間が好きなのは、

「ときどきの自然」である。

「栄養バランス」と同じように、

「自然バランス」というものもある。

「食ジム」では、いろいろの自然体験が語られた。

蛍、季節の香り、太陽の香り、雲、海、水中……。

そう、そのように体験を思い出すこと、

これが大事。

b0141773_00052726.jpg

b0141773_00075368.jpg
b0141773_00035026.jpg

自然は大きすぎて、その範囲がわからない。

その大きさを包むことができるのがコトバである。

自然は、

コトバ、絵、写真、庭や公園、田畑、山などによって

切り取られてようやく人間のものとなる。

拍動も、まばたきも、涙も、唾液も、

みんな自然の一部だが、

気づこうとしないと、何も感じられない。

b0141773_00054422.jpg

栄養士の仕事は

食を通じて人々の健康度をあげること。

しかし、こちらが一方的に

食や栄養の講義をする時代は終わった。

b0141773_00061215.jpg

相手との会話の中から、

健康へのモチベーションアップに

つながる話題を見つけ、

それをふくらませてゆくのが

プロのワザとなりつつある。

b0141773_00092684.jpg

b0141773_00124463.jpg
b0141773_00122773.jpg

仕事、余暇活動、運動、ライフスタイル……。

そういう話題の中で、

「自然」は、もっとも遠いところにある話題の1つ。

病気や死、人生やあの世よりも、

もっと遠い話題の1つ。

が、それを話題にすること、

話題にできることは、

「話芸者」の守備範囲をでっかく広げる。

横綱の取り組みスタイルのように、

胸を張って「ど~んと来い」と、

待ち構えることができる。

b0141773_00041223.jpg

b0141773_00141286.jpg
b0141773_00135813.jpg

遠すぎて、近すぎる自然を

どう語るか、

そのとき、自然が近づいてくる。

その点は健康も同じ。

健康とは、

けっきょく自然の一部なのである。

b0141773_00175828.jpg

以下、プレミアム(おまけ)

加計呂麻島の自販機で

清涼飲料を買ったら、

意外なおまけがついてきた。

ビンにトカゲが張りついているのである。

トカゲがなぜ、ビンにくっついたのか、

都会でだったら大騒動になっていただろう。

が、ここは加計呂麻。

b0141773_21042731.jpg

これぞ、身近な自然。

飲料を飲みたかったトカゲは、

気の毒にも他界していたので、

1人、中身はいただいた。

自然を胃の中にも感じたひとときだった。

b0141773_00134883.jpg


[PR]

by rocky-road | 2017-07-20 00:18  

<< 「友の愛を入れてほしい」 「そこに海があるから」ではなく... >>