「そこに海があるから」ではなく、「わが人生に目的があるから」海に向かう。

b0141773_15522821.jpg

過日、

スノーケリングクラブの

昔からの仲間の出版記念パーティがあった。

集まったのは約70人、

最初に所属した東京潜泳会(せんえいかい)は

昭和39年、1964年の発足だから、

53年がたっている。

b0141773_15534282.jpg

全盛期には70人を超える会員がいたが、

1980年代に休眠状態に。

今回の出版記念会に参加したのは元会員の5人。

今回、出版を祝うことになった本の内容は、

日露戦争の後日談をベースにした話。

日本海海戦で、日本艦隊に撃沈された

「ナヒモフ」という軍艦が積んでいた

8兆円という財宝の行方を追うという、

実話をベースにしたフィクションである。

b0141773_15532637.jpg

53年前にダイビングを始めて、

その後、雑誌編集者や執筆活動を続けてきた

鷲尾絖一郎君は、上記「東京潜泳会」の

第一期の会員である。

海に関する著作と、

ライフワークである飼育鳥に関する

研究と著作を続けている。

b0141773_15545794.jpg

この出版記念パーティの発起人たちは、

日本のレクリエーションダイビング界を支えた、

2世代から第3世代ともいうべき人たちである。

b0141773_15531498.jpg

1世代とは、

日本占領中の米軍兵隊から

直接、ダイビングを習ったという世代である。

消火器のタンクを利用して

エアタンクにしたという。

存命であれば、90歳代前後か、

それ以上の年代である。

b0141773_15544366.jpg

パーティに集まった人たちのうち、

どれくらいの人が現役ダイバーであるかは

尋ねる機会はなかったが、

その様子からは、

70歳以上で海に行っている人は、

そう多くはないように思えた。

b0141773_15574178.jpg

高齢者にはダイビングは向かない、

ということではない。

日本には「シニアダイバーズクラブ」という、

1992年に発足し、20年以上の歴史を持つクラブがある。

会員は数百人。

平均年齢66歳、90歳代の会員もいるという。

b0141773_15573056.jpg

もう40年以上も前になるが、

ダイビングを「マリンスポーツ」として

くくるのは適切ではないと、

専門誌を通じて唱え続けた者にとっては、

「そら見たことか」と言いたい現状である。

b0141773_15584159.jpg

ダイビングは、スポーツではなくて、

「地の果てから始まるもう1つの旅」なのである。

旅だから、足腰がしっかりしていれば、

何歳になっても楽しむことができる。

富士山の登る7080歳代があるそうだから、

それに比べれば、

「地の果てから始めるもう1つの旅」は、

ちょろいものである。

b0141773_15582603.jpg

問題は、体力ではなくて気力、

つまりはモチベーションである。

海の上を歩く、海の中にとどまるという体験は、

特異な体験だから、

よほど合わない人でない限り、感動を覚える。

しかし、それほど新鮮な体験でも、

10年くらい続けると飽きてくる。

人間というのは、飽きっぽい。

それは利点でもあって、

それゆえに次の刺激を求めることにもなる。

b0141773_15592043.jpg

ダイビングを普及する役割を担っていた人は、

そういうことがわかっていたので、

当初は「魚突き競技」(スピアフィッシング)や

魚介類の捕獲と飼育、

「水中ナビゲーション」(陸でいうクロスカントリー)

「水中運動会」などを試みた。

「マリンスポーツ」時代である。

もちろん、これらは

自然環境に対して強いインパクトとなったり、

体力勝負のスポーツになったりするので、

すぐにすたれた。

そのころから、

だれにも使える水中カメラが普及し始め、

ダイビング雑誌などがフォトコンテストを

始めるようになって、

多くの「カメラ派」が生まれた。

b0141773_15593420.jpg

当時、魚などを観察することを

「野生観察」「生態観察」などといっていたが、

いかにも色気がないので、

「フィッシュウォッチング」という

コトバを使ってはどうか、と、

雑誌の連載記事の中で提案した(1979年)。

b0141773_16011803.jpg

こうして、

スノーケリングやダイビングのテーマが

多様化していった。

それでも、

レクリエーション目的で

スノーケリングやダイビングを

30年、50年と続ける人はそう多くはない。

これは旅でも登山でも、

テニスでも水泳でも同じである。

b0141773_16010314.jpg

飽きっぽいか、飽きっぽくないか、

といったタイプの問題ではないし、

長く続けることだけが価値のあることでもない。

大事なのは、

趣味や余暇活動が、

どの程度、人生のモチベーションになっているか、

というところである。

b0141773_16033416.jpg

それには、

仲間がいること、

その仲間はただの同行者ではなく、

人生を支え合うほどの心のつながりがあること、

その余暇活動に予定や計画性があること、

活動ごとにテーマがあること、

などが好条件となる。

そのことをダイビング雑誌の発行者にも

何度となく伝えてきたが、

それをうまく情報化できず、

私が初案を作った海関連の2つの雑誌は、

20年を過ぎて廃刊になってしまった。

b0141773_16040489.jpg

上記の「好条件」は、

ゴルフにも旅にも、「断捨離」にもいえること。

食生活雑誌も、

この視点で見ると、安泰とはいえない。

b0141773_16090169.jpg

先の出版記念会で、

久々に会ったダイバー仲間は、

いまもダイビングサービスをしているといったが、

もらった名刺のアイキャッチャー(キャッチフレーズ)に

「海と酒はいいね」というのがあった。

b0141773_16084952.jpg

なんともだらしのないフレーズなので、

「どういうこと?」と尋ねたら、

ある有名カメラマンがネーミングしてくれたという。

知性皆無、海をバカにしたフレーズを

日本を代表する水中カメラマンが

ネーミングしたのだと聞いて、暗澹たる気分。

b0141773_16094667.jpg

日本のダイビング界をリードしてきた人間が、

後輩の名刺のキャッチに、

こんなアホなネーミングしかできないとは、

「ダイビング界」はバラケルだろうと思った。

リーダー不在、一種の無政府状態になる。

ダイビング雑誌も、

オピニオンリーダーの役を果たしえない。

b0141773_16093355.jpg

みんなが海水浴程度にダイビングを

楽しむようになった昨今、

もはや「界」などという概念は

なくなってもいいのかもしれない。

b0141773_16170222.jpg

しかしそれでも、

「人間が海に潜るということは

どういうことなのか」

それを問い続けることは、

自分のライフスタイルを考えるうえで、

いや、趣味や余暇活動を楽しむうえで意味がある。

b0141773_16164850.jpg

これまでもそうであったが、

今度の奄美大島ツアーのあとでも、

またまた新しい旅のテーマが見つかった。

休眠中の2つのクラブの仲間には悪いが、

新しい海仲間もふえ始めていて、

54年目の「海と島の旅」も楽しめそうである。

b0141773_16173290.jpg


[PR]

by rocky-road | 2017-07-12 16:17  

<< 「自然バランス」とれていますか。 海たび旅--加計呂麻編。 >>