気になる「編集力」「コーディネート力」

b0141773_15490653.jpg

前回、このページで

「編集力」と「コーディネート力」は

一般には職業的スキルと位置づけられているけれど、

同時にそれは、万人の生涯にわたる生活技術でもあるから、

そのことを認識して、

能力アップの努力をしたほうがよい、と述べた。 

b0141773_23422148.jpg

この指摘は、去る201764日の

パルマローザ・ブラッシュアップセミナー

栄養士、健康支援者の

編集力、コーディネート力をどう強化するか

のテーマであったが、

それをこのブログで報告し、そして補足した。

b0141773_23405220.jpg

ところが、当日のアンケートを読み返したり、

何人かの人からの質問を受けたりしていて、

「編集」と「コーディネート」との区分が

かならずしも正確に理解できてはいない、

ということが、よくわかった。

ふだん意識していない事柄だから、

一度聞いて、すべてがわかった、とはいかない、

それは当然のことであり、想定内のことである。

b0141773_15501568.jpg

たとえば

「アンケートは編集ですか、コーディネートですか」

「創作料理のネーミングは編集ですか、
コーディネートですか」

「アナウンサーがニュースを伝えるという行為は

編集ですか、コーディネートですか」

といった迷いである

b0141773_15520853.jpg

コーヒーにミルクを流し入れるとき、

どこまでがコーヒーで、どこまでがミルクなのか

区分がつかない瞬間があるが、

編集とコーディネートにも、

2つのアクションが混ざり合ったり

連続的につなかったりすることがしばしばある。

b0141773_15524042.jpg

だから、どこかの大統領のように、

境界線にフェンスを張り巡らして

不法移民は絶対に遮断する、などとリキむ必要はない。

編集とコーディネートは、

もともとは別個に発達してきたものだが、

いつの間にか生活の中で交じり合ってきたのである。

コーヒーとミルクの関係である。

そのことに、もう気がついていいころ、

そう考えて講義の演題にした。

b0141773_15525695.jpg

前回のこのページでは、

2つのコトバの定義をしていなかったので、

ここにあげておこう。

b0141773_15534325.jpg

●「編集」の定義(大橋)

 「雑誌、新聞、書物、映像、パンフレット、

 CDなどのような、ひとまとまりの「情報体」を作るために、

 必要な材料を集め、それをまとめ、整える作業。

 または、すでにある情報体の順序を変えたり、
短くしたり長くしたり、

 整え直したりする作業についてもいう

b0141773_15532837.jpg

ここでいう「情報体」とは、

新聞、雑誌、映画、音楽CD、写真集などをいう。

「編集」は、それをつくるために、素材を集め、

まとめあげる作業。

音楽の1曲については「編集」作業はないが、

2曲以上を集めて1枚のCD(情報体)を作るとなると、

編集作業が伴う。

b0141773_15541771.jpg

小説も「情報体」に違いないが、

これは1人の作者の創作物と見られるから、

「編集物」とは扱われず、「作品」となる。

厳密にいえば、作家が1本の小説を書くとき、

人や場所、その他の事物の状況を取材したりするから、

編集の要素も入っているが、

「創作」という要素を優先させて、

1個人の「作品」という扱いになる。

b0141773_15543398.jpg

1曲の音楽にも、

厳密にいえば編集的要素はある。

チェコの人、ドボルザークの『新世界交響曲』は、

彼がアメリカの「ニューヨーク音楽院」の院長に招かれたとき、

アメリカ的(黒人音楽的)要素を採り入れて(取材して)

作曲したというから、

編集的要素が少なからず入っている。

b0141773_15562428.jpg

「そういうことをいうから、

編集とは何かが、またまたわからなくなる」

といわれそうだが、

要は比率の問題。

コーヒーにクリープを入れた程度なら「コーヒー」だが、

ミルクをたっぷり入れれば「カフェオレ」になる。

そんなものである。

b0141773_15550511.jpg

漱石の『坊ちゃん』も、

トルストイの『戦争と平和』も、

取材的要素が少なくないが、

創作が中心となっているから「作品」である。

一方、

新聞やテレビの特集番組は、

チームで作られるものだから

「作品的」価値はあるとしても、

カテゴリーとしては「編集もの」である。

b0141773_15570538.jpg

前述の「アンケートは編集か……」でいえば、

アンケート用紙の作成は編集的である。

「この講演の感想、*よかった *ふつう *よくなかった」

という、受講者の筆記能力を低く見た問いかけはやめよう、

という制作者の判断は編集的感覚。

「みんな字が書ける人なんだから、

自分のコトバで感想を書いてもらおうよ」という判断で、

「ご講義をお聞きになって、

印象に残ったことがありましたら、

お示しください」に落ちつく。

個人的な判断力によるアイディアだとしても、

これも一種の共同作業の一部だから、

「創作」というのはムリで、

読み手、記入者からよい反応を得ようとする

編集的作業である。

b0141773_15572435.jpg

さて、次はコーディネート。

コーディネートの定義(大橋)

 ヒト、コト、モノなど、それぞれ個別に存在しているものを、

 ある目的に沿ってまとめたり、調和を図ったり、

 連携させたり、調整したり、促進したりすること

「ヒト」「コト」については、会議の設定、プロジェクト、

コラボレーション、イベント、冠婚葬祭、

お見合いなどの推進、調整などについていう

b0141773_15582212.jpg

「プロモーション」や「プロデュース」「リーダーシップ」

と類似するところがあるが、

コーディネートの場合は、リーダーシップの程度は弱い。

あえていえば、「率先垂範型」(オレについて来い型)というよりも

「あと押し型」リーダーの要素が強い。

プロのコーディネーターの場合は、

自らが発案者ではなく、

依頼人の要望に沿って活動するのが通常の形。

「モノ」については、衣服、アクセサリー、インテリア、

テーブルコーディネート、収納などの調和を図ること。

各コーディネートをさらに大きな視野から

調和を図るトータルコーディネート

というコトバや職種が生まれている。

b0141773_15583897.jpg

さっきのアンケートについていえば、

アンケート用紙を制作する仕事は編集的だが、

それをどういうタイミングで配るか、

記入してもらうのに

どれくらいの時間をかけるかなどは

コーディネートに属す仕事。

そうして集めたアンケートを集計したり、

分析したりするところで、ふたたび編集作業に戻る。

そもそもアンケートをなぜとるのか、

それを「調査」とだけ考えるのは

プロデューサーとしての認識不足。

b0141773_15581258.jpg

そういう感覚は、編集的でもコーディネート的でもなく、

プロデューサー的、または演出的アクション。

アンケートには、

自分が学んだことをフィードバックする意味、

つまり認識を深め、学習効果をあげる意味もある。

だから「*よかった *ふつう *よくなかった」のように

「〇」をするだけの選択式は、学習効果を低く抑えるだけ。

b0141773_16085995.jpg

さらにアンケートには、

受講者の参加意識を高める効果もある。

書くことで、モチベーションが高まる。

主催者への親近感を深める。

こういう話になってくると、

編集か、コーディネートか、という区分では

収まりきれなくなる。

ニュースの原稿は記者が書き(編集の一部)、

それをプロデューサーが編集し、

その原稿を、アナウンサーが読む。

その読み方、表情、発声、身だしなみなどは

コーディネート力によって印象づけられる。

b0141773_16084633.jpg

ポイントは、編集とはどこまでをいうか、

コーディネートとはどこまでをいうか、

というカテゴライズの問題ではなく、

それぞれのスキルが自分の生活技術として、

自分や人の人生を支える、ということを認識し、

活用していくこと。

ホントのことをいうと、

プロの編集者といえども、

編集のなんたるかがわかっていない者が多い。

教える人が少ないし、

教える人のためのアンチョコとなるマニュアルもない。

b0141773_16083303.jpg

現状はそうだが、

パソコンやスマホの普及は、

人類に編集力強化を求めている。

その反面、人に関するコーディネート力は、

著しく衰えつつあるように思える。

数人の人に向けて

適正な声で問いかけたり、

話しかけたりすることができない人が

激増している。

電車の中でスマホでゲームに没頭している人間には

とてもコーディネート力を期待するのはムリ。

自分の10センチ先の周囲が見えない者に、

A地点にあるモノと、B地点にあるものを一緒にし、

C地点にいる人にまとめてもらう、

などという発想は生まれようもない。

b0141773_16010872.jpg

そういう時代には、

編集力もコーディネート力も、

当分は得難い能力であり続けるだろうから、

その能力を磨くことは、

人生のスペシャリストとして

あなたを支えることになるはずである。


[PR]

by rocky-road | 2017-06-21 16:10  

<< 海たび旅--加計呂麻編。 編集力、コーディネート力を問う。 >>