編集力、コーディネート力を問う。

b0141773_23342173.jpg

64日(日)に、

パルマローザ ブラッシュアップセミナーで

講義をした翌日、

古い海関係の友人から電話をもらった。

b0141773_00012134.jpg

彼が本を出したので、

7月に出版記念パーティを行なうべく、

知人に案内状を送ったところ、

予定人数の3分の1くらいしか

「出席」の返事が来ない、どうしたものか、と。

b0141773_23352107.jpg

このイベント、だれの発案か知らないが、

5人の代表発起人がいて、

さらにフツ―の(?)発起人が15人もいる。

その中に私も入っている。

b0141773_23370801.jpg

電話で依頼を受けて承諾したが、

そのあとの打ち合わせはなく、

いきなり案内状と「出欠」を尋ねるハガキが届いた。

つまり、発起人とはいっても、

何もしなくてよい、
ただの参加者ということらしい。

b0141773_23405220.jpg
b0141773_23530000.jpg

こういう荒っぽいイベントを企画しておいて、

「思ったより人が集まらない」という。

そりゃ、そうだろう。

b0141773_23512197.jpg

私が主催したり、私のために開いてくれたりした

いくつかのイベントの場合はどうだったのか、

と、いまさらに聞いてくる。

b0141773_23545593.jpg

「もちろん、事前に参加希望者には

電話やメールで打診をして、
だいたいの人数を把握してから

会場などを決めた」と答えた。

b0141773_23544098.jpg

すでに「欠席」と答えた人たちに、

私が再度連絡をとっても、

状況が大きく変わるとは思えない。

70人を予測して、

ホテルの大きな部屋をとったというから、

なんとかしなければならないのだが……。

b0141773_23442844.jpg

b0141773_23412840.jpg
この、降って湧いたような、悩み多き話が

64日のセミナーで、

栄養士、健康支援者の編集力、

コーディネート力を強化する」という

講義を行なった翌日に舞い込んでくるというタイミングに

苦笑せざるを得なかった。

(セミナーは横浜市技能文化会館 終日研修)

b0141773_23414849.jpg

編集経験30年以上、編集長も務めたベテランにして、

このていたらくである。

世間一般が、編集やコーディネートを

職業スキルと思い込み、

日常生活にはいかに活用していないかを

これほど見事に示してくれる事例は、

ほかには見つからない。

b0141773_23402887.jpg

パルマローザのセミナーでは、

編集力もコーディネート力も、

ほとんどの人が活用する生活技術である、

と力説した。

b0141773_23374394.jpg

b0141773_00003130.jpg
手紙やハガキを書くとき、

目的や相手のセンスに合わせて用紙を選ぶ、

筆記具を選ぶ、話題を考える、字の大きさを決める、

封筒を選ぶ、切手を選ぶ、貼る位置を決める、

配達する日時を予想する……

これが編集でなくてなんだろう。

ホームパーティも冠婚葬祭の集まりも、

コーディネート力なしでは行なえない。

b0141773_23391295.jpg

日時を決める、メンバーや会場を決める、

料理を決める、案内を出す(これは編集)、

ときにはサプライズを考える……。

b0141773_00000500.jpg

だれもがやっていることなのに

それが編集やコーディネート力を駆使するものであることを

多くの人は知らない。

b0141773_23593484.jpg

プロがどんな編集作業をしているか、

どんなコーディネート作業をしているかを
知らないからである。

では、プロであれば、

それが生活技術であることを

だれもが知っているのか。

その答えは、

冒頭のエピソードが物語っている。

プロでも、それを私生活で活用していないと、

それを職業専門スキルにとどめてしまう。

b0141773_23395653.jpg

もう一度いう。

編集とコーディネートは

万人の生活技術である

しかも、(ここが大事な点なのだが)

この2つは、別々に存在するスキルではなくて、

その境界さえわからないほど

隣接するスキルなのである

b0141773_00045977.jpg

さっきのホームパーティしかり、

ホームページの運営しかり、

旅行しかり、である。

b0141773_00105150.jpg

旅行の場合、

目的地の選定、情報の収集、仲間との連絡、

予約の交渉、

スケジュールパンフの作成などは編集的であり

コーディネート的要素も大きい。


b0141773_00091556.jpg

そして、荷物の準備、服装の準備となると

いよいよコーディネート力の出番。

それでも、用意する衣服や靴を

リストアップする作業は編集的。

b0141773_00092859.jpg

「行きはこの服、ディナーのときはこれ、

翌朝のジョギングは、このウエアとシューズ、

ホテルの朝食のときはこれ、

ビーチへ出るときはこれ……」と、

編集的企画力を発揮すれば、

この旅行はいただき!!!

b0141773_00094337.jpg

大事なのは、編集力とコーディネート力とを

ワンセットの生活スキルであり、

人生を愉快に送るスキルである、

ととらえること。

b0141773_00095634.jpg

この2つのスキルを

同時進行で強化してくれる指導機関はないと思うので、

しばらくは

食コーチングやパルマローザの研修会で、

その強化法のスキルを研究してみたい。

b0141773_00042418.jpg

毎年、このセミナーは、

私の誕生日にぶつけてくれる、

これもコーディネート力によるもの。

81歳になったが、

これからの、やることの多さを感じて身を引き締めた。

b0141773_23403960.jpg


by rocky-road | 2017-06-09 00:13  

<< 気になる「編集力」「コーディネ... 「きょうは、こんな1日」の十箇条。 >>