受賞経験、ありますか。

b0141773_23341154.jpg

毎年、429日に開催している写真教室に、

アドバイザーとして来ていただいている

井出哲哉氏が、地元の『信濃毎日新聞』が

開催している「課題写真コンクール」で入選をした。

b0141773_23342492.jpg

タイトルは「ハッピーメール」。

昨年のパルマローザ主催の

ブラッシュアップセミナーのとき、

休憩時間に撮った1点である。

パソコンでユーチューブの画面を

みんなで見入っているときの写真。

そのユーチューブ映像も、

実は井出氏が投稿した動画作品だった。

フォトコンへの私の応募歴は

あと数年で70年というところだが、

自分がモデルになった写真が入選した

という体験は初めてである。

被写体として入賞に貢献したことになる。

自分もついにモデルとして、

フォトコンを狙える日が来たようである。

さて、前述のことし29日の写真教室でも、

長崎から参加した

塚本初音ちゃんの撮影した作品が、

私の審査を通って佳作に入選した。

かつ、入選作のモデルにもなっている。

このところ、この傾向が続いている。

b0141773_23355959.jpg
b0141773_23362097.jpg

私のフォトコン初入選は中学1年のときだから、

小学生で入選を重ねている初音ちゃんの場合、

このまま続ければ、

私の入選歴記録は破られる。

b0141773_23360915.jpg

さて、ほとんどのフォトコンテストは、

合否の結果だけが

紙面や郵便、電話などで知らされる。

(近年はネット上で)

若干のコメントがついてはいるが、

さらっとしたものである。

その点では、

水中造形センター発行の『マリンダイビング』誌が

長年続けている水中写真コンテストでは

大いにお世話になり、勉強させていただいた。

オーナーの館石 昭さんのほか、

当時、よく知られた写真家、漫画家、作家が

審査員として加わっていた。

ムツゴロウさん(畑 正憲氏)もそのお1人で、

私がグランプリをいただいたときも、

ムツゴロウさんが審査員のお1人だった。

b0141773_00181573.jpg

b0141773_23344236.jpg

入賞作品は、授賞式を兼ねた発表会で

スライド映写機で拡大されて映写された。

そして入賞理由を全選者が述べてくれた。

b0141773_23333517.jpg

とりわけ水中カメラマンである館石さんのコメントは

「魚が真ん前より少し過ぎている。

コンマ何秒か早くシャッターを切るべきだった」

「青を強調するには、もう少しカメラを右に振って、

太陽光が差し込まない遠景を取り込むとよかった」

などと、現場感覚を生かしたコメントで、勉強になった。

これを年1回、私は20年以上聞き続けたから、

写真の鑑賞力を鍛えるのに役立った。

b0141773_00203256.jpg

b0141773_23383834.jpg
b0141773_23401196.jpg

いまはデジカメの時代から

スマホ全盛の時代へと移った。

写真は美術的鑑賞物というよりも

日常的コミュニケーションのメディアの1つとなった。

しかし、映像を鑑賞し、評論することは

やめられないし、やめてはいけない。

b0141773_23402339.jpg

b0141773_23411739.jpg
b0141773_23414312.jpg
b0141773_23431704.jpg
b0141773_23413232.jpg

身だしなみに出来・不出来があり、

献立に適・不適があるように、

どんなに日常化しても、

写真の鑑賞物としての存在感は

けっして失われることはないだろう。

b0141773_23440033.jpg

b0141773_23440908.jpg
b0141773_23455008.jpg
b0141773_23454034.jpg
b0141773_23461174.jpg
b0141773_23460204.jpg
b0141773_23332184.jpg
日常化は、

美意識と対立する現象ではないはずである。

b0141773_23444836.jpg
b0141773_23415650.jpg


by rocky-road | 2017-05-18 23:47  

<< 「きょうは、こんな1日」の十箇条。 2017年 パルマローザ写真教... >>