外食は、人類をさらに幸せにする。

b0141773_23362208.jpg

ゴールデンウイークの真っただ中に設定された

「講話・講演におけるテーマ力を引き出す。」の

終日2日間にわたるセミナーが終わった。

54日、5日 横浜市技能文化会館)

もともとは、1030分程度の講話依頼を受けた人から、

どのように対応するものかと、

相談を受けたことがきっかけで始まったこのシリーズ、

あっという間に第4回にまで至った。

b0141773_23321409.jpg

栄養士、健康支援者に限らないが、

講話(ここでは5分~20分程度の小規模の講演のこと)や

講演(演題のついた30分以上の中・大規模のもの)

をする機会は、そうそうあるものではない。

それでも、栄養士は、その機会が多いほうではないだろうか。

しかし、その割にはトレーニングの機会がない。

そこで、影山なお子さんの≪食コーチング プログラムス≫が

開催したという次第。

b0141773_23572853.jpg

今回は、「テーマ力を引き出す」がテーマ。

講話や講演は、報告や説明とは違って、

聞き手の印象に残る考えや提案、思想、感性の提示がほしい。

自己紹介は、基本的には自分の属性を説明することである。

氏名、所属、その会との関係、

場合によっては出生地、出身校、趣味など。

b0141773_23353426.jpg

しかし、意識の有無は別にして、

テーマ性のある自己紹介をする人はいる。

「……それできょうは、こういうことを目標にして

この会に参加しました。

それは『5人のいい人とお知り合いになる』ということです」

このフレーズを入れることで、

この人の自己紹介は、みんなの印象に深く残るだろう。

b0141773_23390913.jpg
b0141773_23410745.jpg
b0141773_23421135.jpg

今回のセミナーは、演習中心。

栄養士を対象とする講演会で

「『外食はなるべく控えましょう』

という食事相談からどう脱却するか。」が課題。

参加者にプロット(筋書き。構想)と、

テーマを考えてもらって、

それをプレゼンテーションするというもの。

b0141773_23462528.jpg

かなりの苦戦が感じられた。

テーマ以前に、プロットのところでつまづいてしまう。

イントロ部分で、同じようなことを

複数の項目でいおうとする傾向、

どう答えを聞くつもりなのか、

聴衆に問いかける形式になる傾向などがうかがえた。

項目のダブりや問いかけ型は、

どちらも、言いたいこと、

さらには着地点が見えていない状態を現わしている。

b0141773_23444610.jpg

それを実感しての講師の反省。

プロットのコツは、そう簡単に身につくものではなく、

少し先を急ぎ過ぎたかもしれない。

「起承転結」や「序破急」など、

いろいろの柱の立て方(つまりプロット)があるが、

このトレーニングをもっとやっておく必要がある。

b0141773_00022445.jpg

プロットは、講話、講演に限らず、

少し長い、または重要な手紙、

論文、各種文章、動画の編集などにも必要となる骨組みである。

2本、柱3本、柱4本……。

内容と分量によって、柱の数は違ってくる。

b0141773_00020627.jpg

「『外食はなるべく控えましょう』という

食事相談からどう脱却するか。」についていえば、

1.なぜ、「外食は控えましょう」といってしまうのか。

2.外食はほんとうに健康によくないのか。

3.食事のよしあしの評価基準。

4.外食を否定しない栄養士像。

こんなプロットを立ててれば1時間~3時間程度の

講演はできるだろう。

b0141773_23354791.jpg

では、講演のテーマはなにか。

それはたとえば、

「人類の歴史は衣食住を分業する歴史でもある」

としたらどうだろう。

b0141773_23504248.jpg

b0141773_23513766.jpg
b0141773_23510459.jpg
b0141773_23552452.jpg
b0141773_23553477.jpg
b0141773_23511795.jpg

家を自分で建てる人は少なくなったし、

衣服を自分で作ったり繕ったりする人も激減した。

では食は?

食も、とっくに分業が始まっていて、

それゆえに

人類はさらにアクティブに

さらに楽しみを広げ、

そして健康寿命を延ばすことになるだろう。

b0141773_23514616.jpg

b0141773_23515580.jpg
b0141773_23505271.jpg


[PR]

by rocky-road | 2017-05-07 23:37  

<< 2017年 パルマローザ写真教... 春は名のみ……♪ ♬ >>