春は名のみ……♪ ♬

b0141773_21464132.jpg

従兄が89歳で他界したため、

通夜と葬儀のために、

新潟県長岡市にある自宅に行き、

その後、通夜と葬儀に参列してきた。

自分では覚えていないが、

20年ぶりの訪問だとか、

向こうでちゃんと覚えていてくれる。

いつも法事のときに出かけていくようだ。

b0141773_21465843.jpg
b0141773_21473336.jpg
b0141773_21482745.jpg
b0141773_21485304.jpg

さかのぼれば、

小学生の低学年の時代、ここに疎開していた。

田園地区で、戦争がどこで起こっているのか

まったく感じられない地域だった。

b0141773_21501053.jpg

もっとも、

昭和19310日までの東京空襲を体験し、

「いよいよ」ということで

ここに疎開したのである。

b0141773_21495488.jpg

疎開中に、今度亡くなった「いとこ」からは、

いろいろと田舎暮らしを学んだ。

マムシの捕らえ方、殺し方、皮のはぎ方、

串の刺し方、いろりでの焼き方、

イナゴの生食の仕方などなど。

だからどうした、という話でもないが。

b0141773_21493594.jpg

こういう生活がよほど性に合ったらしく、

戦争が終わってからも、

しばしばここを訪れた。

そのため、父の実家とはいえ、

東京生まれの私だけが、

いちばん多く、ここを訪れたことになる。

b0141773_21510806.jpg
b0141773_21550271.jpg

それはさておき、

このところ姉や兄、いとこの葬儀が続き、

その長男たちの法事のあいさつを聞いた。

「商売柄」というヤツで、

無意識的に「あいさつ」を評価をしてしまう。

その範囲でわかったことは、

父親のリーダーシップや表現力、

気働きなどが、息子のコーディネート力や

「あいさつ力」に少なからず影響を与える、

という傾向である。

b0141773_21553683.jpg

親族の法事のあいさつなど、

トレーニングする機会も場もないから、

ぶっつけ本番にならざるを得ないが、

それでも、親の言動は子に伝わっていて、

あいさつのできる親の子は、

それなりに形がいい。

b0141773_21555266.jpg

以前、友人の母親が亡くなったとき、

彼は母親の略歴を、クールな、

しかし、その生きざまに対する敬意のこもった

実に味のあるあいさつをした。

b0141773_22013785.jpg

一般論として、

故人となった男性の経歴は、

詳細に語られることが多いのに対して、

著名人ではない「母」や「妻」の経歴は、

ほとんど語られることはない。

しかし、その友人は、

そういう常識を破って、

参列者に対して見事な謝辞を述べた。

b0141773_21504762.jpg

これには大きな影響を受けて、

義母の葬儀のときに、自分でも試みた。

取り込んでいるときに、

義母の経歴を聞き取ったり確認したりするのは

楽なことではないが、

故人に対する敬意は示せたと思う。

b0141773_22021649.jpg

実の姉兄の葬儀の話に戻るが、

このとき、喪主の長男が、

実弟である私に

ひとこと求めてくれたのはありがたかった。

というのも、元気なころの姉の声を

留守番電話に入っていたテープからとって、

小型ラジオを用意して持って行ったからである。

b0141773_21512714.jpg

こちらから言い出す前に、

喪主から声掛けがあったのは自然でよかった。

準備をしておけば、

「チャンスはむこうからやってくる」

と、いつか、だれかに聞いたことがあるが、

確かにそうだと思った。

20秒、姉の声をみんなで聞いた。

b0141773_22031835.jpg

この4月は、

知人ではないが、

親しみを感じていた2人の方が亡くなった。

お一方は、上智大学名誉教授の渡部昇一氏。

1970年代以降、『文藝春秋』や『諸君!』誌上で

氏の論文を読み続けてきた。

ごく最近も『WiLL』5月号で読んだばかり。

知識の点でも考え方の点でも

大きな影響を受けた論客である。

1930年(昭和5年)生まれ、

2017417日没、86歳。

b0141773_22054783.jpg
b0141773_22052926.jpg
b0141773_22063286.jpg
b0141773_22035897.jpg

もうお一方は、ペギー・葉山さん。

ジャズシンガー。

私がいまも愛唱する「爪」「学生時代」などを歌っていた。

近くの寺が毎年開催する「桜コンサート」にも

来て、歌ってくれたのは数年前である。

2017412日没、83歳。

合掌。


by rocky-road | 2017-04-27 22:08  

<< 外食は、人類をさらに幸せにする。 きょうも、ダイビングシーズン。 >>