信仰も健康も……。

b0141773_17393693.jpg

ロッコム文章・編集塾の塾生から

宿題として提出された文章に、こんなものがあった。

その人は、ある宗教組織の病院に勤務しているが、

そこのトップ(外国人)が

職員に向けて出すメールによるメッセージが

まったくの信者向けであるため、

信者ではない職員は違和感を覚えるという。

その病院での勤務者は、

信者であるかどうかは採用条件にはなってはいないという。

b0141773_17402230.jpg

この事情を書いたあと、

彼女は、こうした一方的な情報提供の仕方は、

栄養士がクライアントに対して、

一方的に栄養のたいせつさや健康の意義を説くのと似ている、

としている。

人のふり見てわが身を正せ、というわけで、

彼女は、栄養士として、そうならないよう、

コミュニケーション力を磨いていこうと、

年頭の所感として文章に書いていた。

b0141773_17403821.jpg
b0141773_17423146.jpg

さて、320日に、

私は、横浜で、パルマローザ主催の輪読会を担当したが、

ここでは、栄養士会のリーダーが書いた文章を

「ワケアリ文章」の事例として2本を示した。

内輪の機関誌の記事とはいえ、

いや、内輪だからこそ、

何を言いたいのかがわからない、

救いようのない文章を平然と書くことができるのだろう。

b0141773_17410697.jpg

よくも悪くも「情報化時代」が続き、

また、Eメールの普及の効果も多少はあって、

国民の文章力は、わずかに底上げされつつある。

少なくとも、印刷媒体に関しては、

いわゆる「悪文」を見つけるのがむずかしくなった。

が、大学の「紀要」とか、学会誌とかは、
依然としてガラパゴスで、

「悪文収集家」を喜ばせずにはおかない

正真正銘の悪文が生きながらえている。

b0141773_17420444.jpg
b0141773_17415402.jpg
b0141773_17421966.jpg

多くの人は、文章力を評価するのに

「文才」というコトバを使う。

このコトバは曲者で、

文章力はあたかも生まれつきの才能であるかのように錯覚させる。

人間にとって文章表現力は

きわめて後発の能力、

したがって、生まれつきとの関係はうすく、

すぐれて学習力を要する能力である。

b0141773_17434507.jpg

しかもその能力は、

ひとくちに「文章力」とくくることができないくらいに

それぞれ、ジャンルごとにポイントが異なっている。

「ジャンル」とは、

日記、手紙、ハガキ、エッセイ、解説、論文、詩歌、広告、

レポート、事務文書(さらに依頼書、注文書、わび状など)、

諸届、小説(さらに純文学、中間小説、大衆小説などなど)、

そして、Eメールやブログなどのことで、

これらは大きく分けても200以上のジャンルとなる。

b0141773_17432585.jpg

それぞれのジャンル間には大きな差異がある。

事務文書の文章と、小説や詩歌のそれとの違いは、

相撲とレスリング、サッカーとベースボールほど、

といっても過言ではないくらいのものである。

だから、それぞれのジャンルに共通する文才などあるはずもない。

手紙が書けない小説家や学者、

ノンフィクションは書けても、
論文が書けないライターがいても、

少しも驚くことはない。

b0141773_17441290.jpg

さてそこで、

最初の「宗教」と「栄養」の話に戻ると、

どちらも目には見えないものを対象としている

という点で共通している。

「栄養素は顕微鏡で見られる」というかもしれないが、

その生理作用は目には見えない。

神を見た人は少なくないが、

神がもたらす精神的効果は目では見えない。

b0141773_17453130.jpg
b0141773_17391904.jpg

見えないものを語る人の宿命として、

見えないものを「見える化」する

コミュニケーション力が求められる。

神の場合は、
古来、絵画や彫刻などによって具現化されてきた。

阿修羅や弥勒菩薩の穏やかな表情から、

安らぎを得る人も多い。

それとても、信仰を持つことで得られる幸せを

コトバで説明する必要に迫られるはずである。

b0141773_17483248.jpg

栄養や健康の「見える化」の場合は、

スポーツシーンであったり、
子どもが無心に遊ぶ姿だったり。

が、それらには弥勒菩薩ほどの霊験はない。

b0141773_17484450.jpg

けっきょく、栄養効果や健康は、

印象的なコトバ、美しいコトバで

それを語るしかない。

信仰も健康も、

人々がそれへの関心を弱めているとすれば、

それは、自分の専門を語れない担当者の責任である。

b0141773_17481479.jpg
b0141773_17472604.jpg

日本人は、いつのまにか、

世界一の長寿国になった。

そこへ向かってひた走ったわけでもないのに。

とはいえ、「偶然にそうなった」という解釈では、

それにかかわってきた人の尽力に対して失礼だろう。

b0141773_17504308.jpg

b0141773_17463846.jpg

どんな事情であれ、その地位は、守るに値する。

「生」とは、なんだかんだいっても、感動の収集活動だから。

その経験は、あとから来る地球上生物のために生かしたい。

それをバックアップする一員が健康支援者だとすれば、

コミュニケーション力すなわち、発話力、文章力、

基本のところでは表情、身だしなみなどを、

磨き続ける必要がある。

b0141773_17475940.jpg

b0141773_17465066.jpg
b0141773_17482267.jpg

輪読会で使った悪文を書くような先輩が、

健康支援者たちを引っ張っている以上は、

後輩たちは、よほどがんばらないといけないだろう。

b0141773_17515045.jpg


by rocky-road | 2017-03-24 17:52  

<< 「民度」の捨て方、拾い方。 本家の「栄養バランス」事情。 >>