ネットワークをどう温めるか。

b0141773_23054806.jpg

サークルにしろ学会にしろ、NPOにしろ、

ホームページを見ると、

記事が更新されていないものが少なくない。

「箱もの」と同じで、

作るときはがんばるのだが、

それを維持するのはむずかしく、

空洞化してくる。

イベントなどの活動もそれに比例する。

b0141773_23145476.jpg

そうなる理由の上位は、

役員を順番制にするからである。

創設期の役員は、

ゼロから出発しただけに、

意欲もエネルギーも十二分にある。

しかし、3年、4年とたつと、

役員の交代を考えるようになる。

b0141773_23093780.jpg

このあたりから、

創設メンバーのコンセプトがあいまいになり、

パワーも下がってくる。

情熱も経験もトレーニングもない

押しつけられ役員としては、

組織を活性化するどころか

持続することさえおぼつかない。

b0141773_23102142.jpg

ビジネスの場合には、

それを保持しないことには

自分たちの生活が成り立たないから、

創設者が退いたとしても、

手を抜くことはできず、残った者ががんばって、

組織をなんとか維持することにる。

b0141773_23104304.jpg

ほんとうは、学会だって、サークルだって

「情報」という、

金銭には代えられない貴重な「価値」が

得られる場だから、

人々の関心をもっと集めてよいはずだが、

そうはならず、すぐに「開店休業」状態になる。

b0141773_23112432.jpg

その理由は、

提供する情報には鮮度と、

香辛料の数倍という刺激が必要だからである。

なにしろ、フツ―の人は、

情報の値踏みが不得手だ。

情報が、心理的エネルギー源であり、

生存に不可欠なものであることを

ホモサピエンスとして数十万年たっていながら、

人類の98%は気がついていない。

b0141773_23114280.jpg

同時にまた、

「情報ステーション」(情報を提供する場)

というものも、

商品と同じようにパッケージが大事。

商品のクオリティが第一条件だが、

その価値を高めるのは、パッケージ。

b0141773_23122148.jpg

情報ステーションのパッケージに当たるものは

会場となる建物のルックスではなく、

主催者の求心力。

つまり情熱であり、人間性であり、

コミュニケーション力であり、企画力であり、

ファッションセンスであり、

コーディネート力であり、持続力でありと、

あまりにも多くのパッケージが必要となる。

いま、パッケージとはいったが、

実は、それら自体が情報でもある。

b0141773_23172711.jpg

b0141773_23175337.jpg

情報ステーションをの活性し続けるには、

数年で交代する役員方式ではなく、

少なくとも5年、

欲をいえば10年以上を任期とするか、

1人のリーダーが

命ある限り、ずっとリーダーを続けるかである。

b0141773_23183921.jpg

私の経験でいえば、

私が立ち上げたサークルは、

20年間運営を続け、

そこで後輩にバトンタッチした。

バトンタッチの技術というよりも、

あとを引き継いだ人たちががんばったために、

33年間、いまも活動を続けている。

b0141773_23190631.jpg

b0141773_23203090.jpg

結果論でいえば、創設者時代を経験し、

それを引き継ぐ準備性があったからこそ、

持続できた、ということもできる。

数日前に、今年のイベントの案内が届いた。

「第34回 水中映像祭 水中のスライド&ビデオショー」

415日(土)と。34年間、継続している。

b0141773_23210550.jpg

一方、石川県能登では、

20143月に開講した

「ロッコム文章・編集塾 能登教室」が

4回のペースで続き、

この3月で12回目になる。

このケースでは、

能登の経験のあるリーダーが、

優れた企画力と推進力で立ち上げ、

いまに至っている。

b0141773_23215521.jpg

b0141773_23222377.jpg
b0141773_23224490.jpg
b0141773_23230622.jpg

すでに別のネットワークの運営経験もあって

そのコーディネート力は一級品。

自己流のワンマン運営ではなく、

メンバーを引き立てるし、

各地に出かけて行って情報を仕込んでいる。

そのフットワークとパワーが

持続性のあるネットワークを支えている。

b0141773_23233874.jpg

広島では、

能登のネットワークを参考にして、

有志で「コミュニケーション研究会 ひろしま」を

201412月に発足させ、

こちらも3年目、

3クールに入っている。

ここでも文章、編集を学ぶことを中心に、

栄養士のコミュニケーション力や

食コーチングなどを学び続けている。

b0141773_23250044.jpg

b0141773_23254172.jpg
b0141773_23244395.jpg
b0141773_23265207.jpg
b0141773_23392512.jpg
b0141773_23271113.jpg
b0141773_23272358.jpg

日本の、または各地の地域のネットワークでは

会員不足やイベントへの参加者数が減り続けていて、

それが大きな問題点になっていると聞く。

その理由は、以上に述べたとおり。

ということは、

現状では改善は望みにくい。

b0141773_23251660.jpg

これを一部の役員のせいにするのは当たらない。

企画が平凡で、

役員の求心力不足が一因であることは確かだが、

ほかに替わる人がいないのだから仕方がない。

大きな労働組合では、

報酬を払って「専従」の役員を置いている。

それでも組合員の参加意識はあがらないというから、

救いようがない。

それはつまり、

日本人というものが、

とことん自発的な組織プレーが苦手であり、

したがって、システムづくりに進歩がない、

ということである。

b0141773_23411163.jpg

なにしろ、

衣服を選ぶのに「一生着られる」という、

ケチと更新嫌いが合わさった価値観を持つ国民である。

72年もの」のビンテージ憲法を

床の間に飾ったまま

ハタキさえかけないくらいのことは

当然といえば当然である。

ちなみに、スイスでは、

1892年に制定された憲法が、

2016年までの124年間に

「国民イニシアティブ」という制度によって

318件について改正が発議され、

203件について国民投票が行なわれ、

22件が改正されたという。

(『世界一豊かなスイスとそっくりな国ニッポン』

 川口マーン恵美著による。 講談社)

b0141773_23415724.jpg

文化というものは、

人を真似てすぐ身につくものではない。

が、近くの県でがんばっている人がおり、

活性化しているネットワークがあることを

知っていながらジッとしているとしたら、

それは怠慢か、人生の放棄というもの。

b0141773_10384460.jpg

健康支援者とは、

究極的には、食や健康をベースにして

人のモチベーションを高める仕事。

そういう職業の人が、

自分のモチベーションさえあげられないとなると、

果たして健康支援者という職業を

この先、続けることができるのか。


by rocky-road | 2017-02-12 23:35  

<< うまく育った「私」と「あなた」 「四群点数法」人口はどれくらい? >>