「エビデンス」のハイジャンプ。

b0141773_143618100.jpg

1月2日、ことしも「ぶらパルマ in 横浜」から
2017年のネットワーク活動が始まった。
確率的に、この日は晴天が多いが、
今回は格別に穏やかな1日だった。
寒さはまったく感じず、
むしろコートを脱ぐことが多かった。
b0141773_14422741.jpg

桜木町の「みなとみらい」から、
山下公園までのシーサイド歩きは
毎度おなじみだが、
快適さにおいて
5月の晴天日にも劣らないほどであった。
b0141773_144249100.jpg
b0141773_144323.jpg
b0141773_14434679.jpg

正月の街歩き、シーサイド歩きは、
おそらく50年くらい続いていると思う。
もっとも、その半分は、
内外のシーサイドにいた。
b0141773_15163663.jpg
b0141773_15171393.jpg
b0141773_15172743.jpg
b0141773_15183328.jpg

さらにそのうちの何回かは
海の中からご来光を迎えた。
冬の海の午前6時台、
震えながら日の出を待つダイバーには、
実は寒さは感じられなかった。
b0141773_1573846.jpg

1960年代からの30年くらいまでは、
東京の正月は静かだった。
三が日はどこの店も休みで、
人が出歩くことは少なかった。
デパートの福袋売りが始まるのは
三が日が明けてからだった。
b0141773_1520172.jpg

銀座の交通量のあまりも少なさに気づき、
それが妙にうれしかった。
ならば、このあたりを自転車で自由に走りたいと、
文京区の家から「ママチャリ」で出かけ、
銀座、京橋、青山、原宿などを走り回った。
b0141773_22252866.jpg
b0141773_14471240.jpg

のちにディズニーランドやお台場へと
足を延ばすことになっていった。
もちろん、横浜へも自転車で出かけ、
そこでは1泊したこともあった。
メンバーは、家族、海の仲間たち。
多いときは、10人くらいの自転車メンバーになった。
b0141773_14474748.jpg

それが生活習慣になった。
これらの習慣が「健康行動」といえるならば、
80歳の健康を支える一助にはなっている、とは思う。
とはいえ、1人の事例で、
それをもって「エビデンス」がある、とまではいえない。
b0141773_15194545.jpg

「エビデンス」(証拠、証明)といえば、
この、科学的論説の基礎となる専門用語が、
いまや週刊誌にも使われるようになったから、
日本の知的レベルも
そこそこ高いところに来つつある、と思う。
b0141773_14482055.jpg
b0141773_1522484.jpg
b0141773_14511922.jpg

そう思いたいが、
「エビデンス健康食献立」などとして、
がん予防には、朝食の主菜として「たまご焼き 大根おろし添え」
副菜に「キャベツとわかめのみそ汁」副々菜に「いちご」
昼には「サケのムニエル」……などと
1日の食事を一覧表にして見せられると、
「エビデンス」というコトバの拡大解釈、
もっといえば「誤用」に
笑いと不安が同時にみ上げる。
b0141773_14513085.jpg

さらに、栄養士がついていながら、
献立で示してしまう。
これは、かの「食事バランスガイド」の失敗と同じ。
つまり、英語を教えるのに、
「a」「pen」「アッポー」「have」の意味を教えずに、
「I have a pen」「I have an apple」
「I have a pineapple」というフレーズの
和訳を教えているようなもの。
単語の意味を教えずに構文を教えても
使いものにはならない。
b0141773_14521613.jpg

毎日、サケのムニエルを食べていても、
がん予防にはなりえない、
アッタリマエダのクラッカー。
b0141773_14523065.jpg

「エビデンス」というからには、
医師が情報を提供しており、
栄養士が献立例を作っているのだが、
最近の「にわか栄養学かじり」の医師は
健康やアンチエージングを
単純に食事と結びつけたがる。
そもそも「アンチエージング」などというコトバは
なんとも尊大、なんとも無知な者の用語である。
医師の習性として、
食事を医薬品のイメージで語りたがる。
b0141773_1563798.jpg
b0141773_14525387.jpg

これを医師のレベルダウンと見るか、
レベルアップと見るか、
ここはむずかしいところ。
簡単に結論づけるという点では、
先輩医師から研究の奥深さや慎重さを
きちんと学んでこなかった結果であろうから、
明らかにレベルダウンである。
「最近の一部の医師は軽い」といえる。
b0141773_14531860.jpg

しかし、先輩医師たちは
栄養学を学ぶ機会も時間もなかった。
それ以前に、
本性の深いところでは食をバカにするところがあった。
それがいまは、
食事で老化が防げると思うようになった。
1ミリくらいの前進と見るならば、
この傾向を評価してもいい。
コトの始まりの段階では、
少なからずの浅さ、未熟さを伴うものである。
それでも、何かが始まった。
ゆっくり進歩を待つ根気も必要だろう。
b0141773_1453404.jpg

以前、ある某学会の会長が、
自分の学会誌に「日本の栄養士は論文が書けない」
「エビデンスが不確か」と、
まるで他人事みたいに書いているのを見て、
ひどく腹が立った。
b0141773_14541335.jpg

そういう傾向があるならば、
さっそく、論文の書き方、
エビデンスのあり方についての研修会を開くべきである。
それも10年、20年と続けるつもりで。
内部にいて、内部をけなす、
こういう品性の者が、栄養士会の会長だった、
というのは、日本の栄養士にとって、
なんとも悲しい現実であった。
b0141773_1534170.jpg

学会に発表するような研究の「エビデンス」は、
質と量において、
いや、それ以前のデータのとり方において、
高度に洗練されたものでないと困ると思うが、
「にわか栄養学医師」には、
このあたりのマジメさやセンスが欠けている。
b0141773_145592.jpg

センスについていえば、
たとえば正月に仲間と海風に吹かれながら、
空に向かってジャンプをくり返すような経験を積んでいれば、
「健康」というものが、
いかに複合的な要素によって支えられているかが
容易にわかるはずである。
b0141773_1545617.jpg

学問であれ芸術であれ、
スポーツであれ仕事であれ、遊びであれ、
その基本はセンスである。
「センス」とは何か。
b0141773_1551166.jpg

それは資質(動物性まで遡れ!)に加え、
いろいろの経験(エビデンスに通じる熟語)、
遊び心、ユーモア精神、
よい人間関係、時代を歩く平衡感覚、
それやこれやの複合した感覚である。
それはまた、健康を支えるエビデンスにほかならない。
b0141773_1552392.jpg

こういうセンスは、
机上では学びきれない。
来年の正月は、「にわか栄養学医師」100人くらいを引率して、
横浜の大桟橋あたりでジャンプトレーニングでも
してみようか、と本気で思う初夢であった。
b0141773_1553639.jpg

[PR]

by rocky-road | 2017-01-03 15:07  

<< 栄養士、健康支援者の社会的使命とは。 写真年賀状の鑑賞力。 >>