「おもてなし」の宿題に応える。

b0141773_233109.jpg

去る10月23日(日)(2016年)に行なった
第49回食ジム「おもてなしの心をどう表わすか」
――人づき合いからイベントまで――
は、座長の小林美穂さんの進行で、
有意義な話し合いができた。
b0141773_23312389.jpg
b0141773_23322295.jpg
b0141773_23323914.jpg

人をもてなすとは、どういうことか、
国語辞典には多くの意味が示されている。
①とりなす。処理する。
②取り扱う。待遇する。
③歓待する。ご馳走する。
④面倒をみる。世話をする。
⑤自分の身を処する。ふるまう。
⑥取り上げて問題にする。もてはやす。
⑦そぶりをする。見せかける。
          (「広辞苑」)
b0141773_23332871.jpg

源氏物語や平家物語などから用例を
拾っているところを見ると、
そうとう古くから使われているコトバのようである。
とても便利なコトバのようで、
いろいろの意味で使われてきたことがわかる。
要約すれば、「人に対応すること」である。
b0141773_23334996.jpg

次期、東京オリンピック誘致のときに使われた
「お・も・て・な・し」には、
外国から来る人たちを「温かく対応する」という意味を
込めていることだろう。
これに関しては、日本人は心配いらない。
放っておけ、といっても
厚くもてなすに決まっている。
b0141773_23341191.jpg

今日的な「おもてなし」には、
「飲食をもって待遇する」という意味が強い。
昔、新潟県にある父の実家を訪ねたら、
「わざわざ東京から来なさったから、
ラーメンでも取ってやろうのう」と、
もてなされたことがあるし、
「ごちそうするから、あの鶏を絞めて来いのォ~」と
歩いている鶏を指してもてなしてくれたこともある。
b0141773_23342762.jpg
b0141773_23343944.jpg

食ジムでは、
いろいろのもてなし体験、もてなされ体験が披露された。
ここでの収穫の1つは、
贈り物も「もてなし」の1つになりうること、
非対面(電話、ネット、ハガキ、手紙)の「もてなし」も
ありうる、という点にも触れられたこと、などである。
b0141773_23352442.jpg

心のこもったバースデーカード、クリスマスカード、
年賀状なども、一種の「もてなし」であろうし、
必要な情報をタイムリーに提供することも
「もてなし」といえる。
国語辞典が示す「とりなす」や「待遇する」に相当する。
b0141773_23354429.jpg

時間の関係で、
「おもてなし――する側、される側のための10か条」は
私への宿題となった。
ここでは、「もてなす側」について、
その宿題に応えておこう。
b0141773_23361034.jpg

◆もてなす側の10か条

1.物品の提供だけを「もてなし」と考えない。
  客や相手と誠実に向き合い、
  ていねいにコトバを交わすことこそ基本とする。
  相手にもよるが、「もてなし」の基本は会話を楽しむこと。
  接待側としては、お客に問いかけ、相手の好む話題を見つけ出す。
  ここがうまくいけば、「もてなし」の大半は成功。
  ごちそう攻め、酒の強要、録画映像やアルバム閲覧の強要、
  自分ばかりが話す、ホームグラウンドをいいことに、
  自慢話大会などはNGとしたい。
b0141773_23364399.jpg

2.食事などを供する場合、
  もてなし側がサービスのために
  立ったり座ったりするのは感心しない。
  話題、話し合いを第一と考え、
  飲食はその次に。
b0141773_23371178.jpg

3.自宅に招く場合、
  事前にタイムスケジュールを示しておくとよい。
  「3時においでいただいて、
  旅行のときの写真など見ながらお話しして、
  6時ごろ夕食をとっていただいて、
  8時にはお開きというご予定ではいかが?」
b0141773_23373287.jpg
b0141773_23381785.jpg
b0141773_2339645.jpg

4.和風のもてなしの基本、
  玄関あたりに打ち水をする、花を生ける、
  水まわりをきれいにしておく、
  香りをつかう、衣服を整えるなどは、いまも手本にしたい。
  洋風には、玄関にウエルカムボードを掲げたり、
  ゲストから以前にいただいた絵ハガキ、アクセサリーなどを
  飾っておいたりする方法もある。
b0141773_2340422.jpg
b0141773_23411180.jpg
b0141773_23412972.jpg
b0141773_23414047.jpg

5.宿泊をしてもらう場合、相手によっては
  自宅よりもホテルを使ってもらうほうが、
  相手にとっては気づかいが少ないことも。
  もちろん、事前に知らせておく。
  近くに適当なところがない場合はその限りではない。
b0141773_23422853.jpg

6.飲食店を選ぶ場合、「ここはおいしいから」と
  あまり強調しないほうが安全。
  むしろ「私はよく行くところだけど、
  お口に合うかどうか試してみて」くらいに抑えめに。
  「テレビで紹介された」「有名人がよく来る」などは無用で野暮。
  ネットで検索したところに
  初めて連れて行くなどは「もてなし」以前。
b0141773_23425132.jpg

7.家に招く場合、インドアだけがもてなしとは限らない。
  近くの公園に行く、公共施設を見学する、
  祭やイベントを案内するなどの方法もある。
b0141773_23431925.jpg

8.「もてなし」には、
  観劇、コンサート、スポーツの試合、
  旅行などへのご招待などもある。
  これには自分が同行する場合と、
  ペアチケットを贈る場合とがある。
  ペアチケットとなると、
  「贈り物」に近づくが、
  「もてなし」の定義から外れるとまではいえない。
b0141773_23434677.jpg

9.「もてなし」には、
  祝い事に関して物品や食品を
  プレゼントすることも含まれる。
  そうなると、伝統の中元や歳暮まで
  もてなしになってくる。
  それでも「もてなし」の定義からは外れないが、
  好意を示す、親愛の情を示す、という
  基本理念からすると、
  季節の行事までをも「もてなし」とするには
  異論があろう。

  つまり、パソコンで打った年賀状までもが
  「お・も・て・な・し」ということになってしまう。
  ここは基本に帰って、
  「こころのこもった対応」こそが
  「お・も・て・な・し」なのだ、ということにしよう。
  年賀状といわず、紙切れに書いたメモ書きでも、
  「もてなし」になることもある。
  教室で先生にほめられた子に、
  近くの席の子が「やったね」と書いただけでも、
  「もてなし度」は高いものとなる。
   つまりは、日常的なメールやハガキ、手紙にも、
  もてなし度の高低がある、ということ。
b0141773_23443424.jpg

10.イベントに集まる人への「おもてなし」の基本は、
   集まった、より多くの人が発言できる機会をつくること。
   飲食はその次。
   初参加の人には一言でも発言してもらうように問いかける。
   この点は、パルマローザや食コーチング関係の集まりは完璧。
   話し合いを好まない傾向のある日本人は、
   立食パーティなどでも、
   飲食を山のように用意する。
   食べ物で口をふさいでしまえば
   隣の人と話をしなくてもよい、ということか。
   ビュッフェは災害地での食糧支援とは違う。
   ゆったり話し合う場と考えたい。
b0141773_2345033.jpg

   忘れられがちなのは、
   その日、集まった人の氏名は
   全員が共有できるように図らうこと。
   あとから振り返ったとき、
   そこで、だれと同じ体験をしたかがわからないのでは空しい。
   「個人情報」とやらを拡大解釈して
   なんでも隠そうとするのは、
   「もてなし精神」を阻害する。
b0141773_23451763.jpg

さて、年末・年始の「おもてなしシーズン」
どんなアイディアで人をもてなそう。
[PR]

by rocky-road | 2016-11-10 23:39  

<< 外国人に日本の見どころを紹介す... 水中スタジオに、ことしも。 >>