水中スタジオに、ことしも。

b0141773_22565233.jpg

「いままで潜った海でどこがいちばんいいですか」とは
よく聞かれることである。
この質問に対しては、
あえて条件設定をしてから答えることにしている。
水中か、ビーチか、ホテルライフか、
水中の場合、魚の濃さか、透明度か、サンゴかなど。
「♪ 海は広いな、大きいな ♬」だから、
評価対象を絞っておかないと
誤解の元になる。
b0141773_2256447.jpg

これは『海と島の旅』という雑誌の創刊に
かかわって以来のことである。
創刊当時、海へのパックツアーを評価するページを設けた。
ここでは、食事や景観、アクティビティなども対象にした。
しかし、スポンサーのご都合もあって、
長続きはしなかった。
『暮しの手帖』のように、
商品評価をすることは
商業雑誌には容易のことではない。
b0141773_2312371.jpg

ともあれ、私のささやかな海の旅経験でいえば、
水中景観という点では、
沖縄の座間味島(ざまみじま)が
いちばん好みに合っている。
透明度、魚の濃さ、水中景観の美しさ、
そして、水中へのアクセスの容易さ、という点で。
b0141773_2322174.jpg

ここの古座間味ビーチは、
水中スタジオだと思っている。
波打ち際から1メートルと泳がないうちに、
コトヒキやコバンアジ、
マルゴバンの群がりや群れに出会える。
b0141773_2334474.jpg
b0141773_232345.jpg

困るのは、
那覇から島への高速船が
ちょっとした風雨で欠航することである。
真夏のベストシーズンなのに、
天気図にはかならず台風があって、
すぐに船は欠航する。
b0141773_2325193.jpg

半世紀近く通った結果、
いまさらながらだが、
台風シーズンを避け、
10月下旬から11月を狙えばいい。
沖縄といえども冬はあって、
そのころから寒くなると、風が吹く。
魚も減ってくる。
b0141773_233731.jpg

そこでことしは、10月下旬を狙った。
秋が、いつもより早めに来た感じだが、
今回は、
スノーケリング初体験者を含むツアー。
「ぶらカメラ」とフィッシュウォッチング。
このパターンも、
これまで続けてきたことだが、
メンバーが若返った分、こちらもリフレッシュした。
b0141773_23445100.jpg
b0141773_235446.jpg

結果は写真のとおり。
今回は、映像にすべてをお任せしよう。
b0141773_2353546.jpg

b0141773_2364194.jpg
b0141773_237098.jpg
b0141773_19492346.jpg
b0141773_2373789.jpg
b0141773_23866.jpg
b0141773_2381759.jpg
b0141773_2383086.jpg
b0141773_2385215.jpg
b0141773_239430.jpg
b0141773_2393623.jpg
b0141773_2395078.jpg
b0141773_2314052.jpg
b0141773_23102844.jpg
b0141773_23105361.jpg
b0141773_23111543.jpg
b0141773_23113487.jpg

[PR]

by rocky-road | 2016-11-05 23:14  

<< 「おもてなし」の宿題に応える。 蒲郡で「三谷祭り」を見る。 >>