蒲郡で「三谷祭り」を見る。

b0141773_23461378.jpg

名古屋周辺に在住の3人の塾生から
 お招きをいただいて、
 愛知県のご当地祭りを見物した。
 「三谷祭り」(みやまつり)という。
 場所は愛知県蒲郡市(がまごおり)三谷(みや)地区。
 祭りは2016年は10月15日、16日の2日間。
 私は16日に伺った。
b0141773_23471380.jpg

 2つの神社の間を4基の「山車」(やま)が
 移動するのだが、
 途中で海の中を行く場面がハイライトとなる。
 山車の上にはお囃子方の子どもたち。
 山車を支える男たちが100人近く。
 山車を曳く男たちはおよそ200人。
b0141773_23474025.jpg

 たぶん、海中は砂地なのだろう、
そこをおよそ300メートル、
山車はゆっくりと移動する。
大潮の日を選んで行なう理由がよくわかる。
水位が下がるので、大きな山車が
海の中を進むことができる。
b0141773_23475777.jpg

それにしても、海底が岩場では、
山車(やま)にとっては不安定すぎるし、
砂地だとしても、車がのめりこんだりしたら動かなくなる。
300年の歴史のある祭りという。
最初にこれを試みた人のアイディアと勇気に感心する。
b0141773_23482575.jpg

東京の祭りしか経験していない者からすると、
祭りにしては静かである。
確かに祭囃子は流れてはいるが、
人の表情が柔らかだし、ゆったりとしている。
はしゃいで走り回るような子どもも見当たらない。
東京の祭りでは、参加している男たちの表情がキツイ。
戦闘モードであり、実際、あちこちで衝突が起こる。
b0141773_2349454.jpg

東京に限らず、ときに死傷者が出るような
荒くれた祭りは各地にはある。
愛知県人は郷土愛が強いそうだが、
それも荒くれない一因なのか。
b0141773_2349413.jpg

三谷祭りの穏やかさは、
神事としての意識を参加者が持ち続けているからだろう。
また、参加者の年代の幅が広い。
子どもから高齢者まで、
各層のバランスが実によい。
高齢者が、年長づらすることなく、
みんなが溶け合っている。
b0141773_23495612.jpg

日本中の若者がスマホ依存症に
かかっていると思っているが、
少なくともこうした祭礼の日には、
スマホをのぞき込む者はいない。
そういう機会のある地域が、
この日本にもまだあることを知って安堵した。
b0141773_23502031.jpg

祭りはシーサイドに限らず、
神社の境内でも行なわれていた。
ここでも、奉納する数パターンの踊りを
いろいろの年代層のグループが
分業して行なっているのであった。
b0141773_23503986.jpg

この多面性が気に入った。
1点に集中するのではなく、
広い地域のあちこちで、
いろいろのメンバーが、いろいろの目的で動いていた。
b0141773_23511714.jpg
b0141773_23515918.jpg
b0141773_23521820.jpg

その多様性は、なぜかアメリカのショーを連想させる。
アメリカ人のショーには、
幕間に当たるものがないことが多い。
あるショーが、右から左へと展開し、
それを目で追っていると、
いつの間にか右手からは、
次のショーの一団が入場してきて、
パフォーマンスを始めていたりする。
b0141773_23525519.jpg
b0141773_23562166.jpg

三谷祭りでは、
神社の境内は階段になっていて、
階段と階段の間のスペースで、
いくつかのグループが舞を舞っていた。
まさに階段の「踊り場」なのであった。
それを追って見物した。
歩数計によれば、
1万歩以上は歩いたという。
b0141773_23564083.jpg
b0141773_23565522.jpg

1年前から計画した、
私の誕生日へのプレゼントとのこと。
祭のあと、竹島水族館を見学し、
名古屋経由で東京に戻った。
b0141773_23572160.jpg
b0141773_23591889.jpg
b0141773_23581385.jpg

[PR]

by rocky-road | 2016-10-18 23:59  

<< 水中スタジオに、ことしも。 そして、いまも「スノーケリング」。 >>