第390回 パルマローザ 写真教室 選外作品講評

選外作品講評

銀賞、銅賞、入選作については、
栄養士・健康支援者のための写真教室≫主催者、
影山なお子さんのブログ、
スタンバイ・スマイル」で発表しているので、
ここでは、選に漏れた応募作品について、
選評してみた。今回は金賞は「なし」とした。
http://palmarosa.exblog.jp/

写真は映像表現ではあるが、
森羅万象を認識し、記号化するという脳の作業という点では
言語表現と大差はない。
18歳から成人とする、消費税を10㌫にする、
そういうことをどう考えるか、
みなとみらいの風景をどうとらえるか、
それもこれも、
認識力、思考力という点で共通性がある。大橋禄郎

b0141773_13283394.jpg

エントリー 2
タイトル
真昼のひととき
撮影 さいとうはる子さん
(東京都 行政 管理栄養士)
b0141773_1342033.jpg

【評】
スケッチをする姿をうしろからそっと撮った。
「そっと感」は作品にも出ていて、
インパクトに不足がある。
もっと寄って描いている絵を見せるか、
モチーフのレンガ倉庫を美しく撮るか、
あるいはその両方を示すか、
強い表現力がほしい。
タイトルもマイルドな遠景をほんわかと示している。

エントリー 6
タイトル
YOKOHAMA CITY
撮影 塚本はつねちゃん
(長崎県 佐世保市 小学校4年生)
b0141773_137533.jpg

【評】
のどかな公園の風景を
しっかりした構図で切り取っている。
人物をやや左に配したのも、観覧車との対比でグッド。
観覧車は、もう少し空の部部まで入れておきたい。
旅のスナップとして撮っておきたい1品。

エントリー 7
タイトル
ピンクのトリオ
撮影 塚本ゆみ子さん
(長崎県 佐世保市総合医療センター 管理栄養士)
b0141773_13847.jpg

【評】
ピンクのトリオに着眼したのはよいが、
縦位置の写真を横にしたようで、
安定感がとても悪い。
縦位置にして見てみたが、やはり落ち着かない。
カメラアングルに問題がありそうだ。
構図力をつけよう。

エントリー 8
タイトル
春の日差しを満喫
撮影 田澤 梓さん
(神奈川県 シダックス株式会社 管理栄養士)
b0141773_13102023.jpg

【評】
構図としてはおもしろいが、
子どもの動作が説明できていない。
近景の向こうの遠景を撮るとき、
両方に目配りをして、
ジャストタイミングでシャッターを切りたい。
左端の大人の姿が、竹割り式に一刀両断、
その半身が残っているというのも、
構図への配慮不足のアカシ。
タイトルの「満喫感」が感じられない。

エントリー 9
タイトル
ツツジ@みなとみらい
撮影 渥美智佳子さん
(静岡県 病院 管理栄養士)
b0141773_13122261.jpg

【評】
初夏の港の風景を手慣れた構図で撮っている。
ツツジと遠景のバランスもよい。
残念なのは、右の壁のような影。
これを外して撮ることができなかったのだろうか。
むしろ縦位置に構えて、
みなとみらいの空をもっと入れれば、
はるかに印象的な作品になっただろう。
応募のとき、縦位置にトリミングすることは許される。

エントリー 10
タイトル
日本丸の船首から
撮影 三奈木麻弓さん
(東京都 行政 管理栄養士)
b0141773_13134070.jpg

【評】
大胆な構図で、キャリアを感じさせるが、
説明不足は否めない。
カメラポジションが選べず、
こう撮るのが精いっぱいだったと思うが、
帆船の舳先に船員が整列していることを
写真を見て理解できる人は少ないだろう。
マイナス補正のし過ぎで、
船員の服が重くなったのも残念。
これも、応募のとき、
パソコン上で修正ができるはず。

エントリー 11
タイトル
屋根より高く
撮影 三奈木博文さん
(東京都 株式会社ミナキ)
b0141773_13152010.jpg

【評】
入選作と同じく、トランポリン遊具で遊ぶ子を撮っている。
しかし、楽しさよりも、なぜかシラッとした印象。
遠くから望遠で撮ったのか、
現場のにぎわいが消えている。
遠くにいる「われ関せず」という人の動き、
頭の一部だけが出ている人たちの存在感のなさ。
戦場カメラマンではないが、
やはり熱い現場に身を置いてこそ撮れる写真もありそうだ。
タイトルは、季節柄、どんぴしゃり。

エントリー 12
タイトル
こいのぼり日和
撮影 奥村 花子さん
(東京都 Hanaヨガ&食スタジオ主宰 管理栄養士)
b0141773_1316217.jpg

【評】
青空、高層ビル、帆船、いくつかの家、鯉のぼり。
なんとも盛りだくさんな作品。
あんまり欲張ると、
けっきょくなにを表現したかったのかがわからなくなる。
「風景チャンプルだ」との反論があるかもしれないが、
ならば、これをどう味わうか。
幕の内弁当の食後感と同じで、
「なにを食べたかわからない」となる。
「こいのぼり日和」なら、
鯉のぼりの撮り方を考えよう。

エントリー 13
タイトル
カメラを構えて
撮影 山本恵美子さん
(東京都 企業 )
b0141773_13182821.jpg

【評】
タイトルどおりの作品だが、
これといった情報が伝わってこない。
味に自信のる飲食店なのかもしれないが、
写真で見る限り廃屋にしか思えない。
これを撮ろうとする少年カメラマンの撮影意図も伝わらない。
シャッターチャンスは不可欠だが、
そこには鑑賞者を納得させる情報がほしい。
少年の足元までしっかり収めよう。

エントリー 14
タイトル
グリーンロード
撮影 甲斐 和恵さん
(神奈川県 船員保険健康管理センター 管理栄養士)
b0141773_13195210.jpg

【評】
人の配列、雲の様子、広い緑地、
記念写真としておもしろい。
しかし、作品としての新しさ、ユニークさは感じられない。
記念写真は作品にはならない、
ということではなく、
いろいろの演出ができる以上、
「こうきたか!」という独創性がほしい。

エントリー 15
タイトル
ハナくらべ
撮影 植村 寿香さん
(千葉県 高齢者福祉施設 管理栄養士)
b0141773_13221345.jpg

【評】
狙いはわかるが、タイトルの表現ができていない。
致命的なのは、子どもの表情が見えないこと、
顔がアンダーで、楽しさが伝わってこないこと。
普通にまたがっただけでも、
笑顔でピースサインでもしているほうが明るさは出る。
これはたぶん、怖くてへばりついているのだろう。
それならそれで撮り方はある。
心配そうなママの姿を入れるとか。

エントリー 16
タイトル
ちょっと、ひとやすみ
撮影 岩田 博美さん
(神奈川県 企業 栄養士)
b0141773_13234356.jpg

【評】

暗い。露出的な暗さだけでなく、絵全体が暗い。
海が見えるとか、芝生が広がるとか、青空とか、
そういうさわやかさがなく、
建物の裏手のように見える写真からは、
あたかも人目を避けて逃避行する2人のような連想が浮かぶ。
ロケ地として不適。
カップルの明るい表情もほしい。
[PR]

by rocky-road | 2016-05-12 13:30  

<< 名がつくと、そこにモノはある。 自己表現としての写真。 >>