栄養士会はどこへ行く?

b0141773_23583991.jpg

ロッコム文章・編集塾/能登教室が
この7月で10回目を迎えるという。
年4回のペースだから、
2年半が経過したことになる。
もっとも、その前から、
単発ではうかがっているので、
それらを計算に入れると
10年近くにはなる。
b0141773_23591350.jpg

任意の栄養士会が、
活発に活動をしてるのを見ると、
地域や、わが国を代表する栄養士会に
積極的に参加している人と出会う機会が少ないのはなぜだろう、と、
しばしば思う。
b0141773_05518.jpg

地域の栄養士会や、
さらに大きな栄養士会の内部事情は知らないが、
学会誌を見る限り、
これでは人が集まらないだろうとは、
だれもが思うことだろう。
「だれも」の中には、
当然、関係者も含まれているはずだが、
しかるべき対策が練られないまま
年を重ねているのを見ていると、
ひよっとして、いまの行き方でよいと、
少なくとも関係者は思っているのかもしれない。
b0141773_053985.jpg

関係者といっても、
一定の任期で役員は変わるから、
新任者は、しっかり下積みを経験しないまま、
ほぼいやいや役員を引き受ける、
あるいは押しつけられるかして任につくから、
そう簡単には気合が入らないのはわかる。
b0141773_044435.jpg

そういう組織が定期発行する学会誌は、
編集経験者から見ると、
ほかの学会誌と横並びしたくて、
精いっぱい背伸びしているように見えて痛々しい。
テーマの多くに読者(会員)のニーズが感じられない。
こういう雑誌について、
出版界では「ページに風が吹いていない」という。
b0141773_042373.jpg

掲載されている論文の多くは建前論で、
読者の1人1人と語り合おうという姿勢が感じられない。
役員をはじめ、多くの筆者の論点整理がうまくいっていない。
文章がぎこちなく、下手くそ過ぎる。
編集部のチェックが入らない、
成り行き任せの編集である。

レイアウトがなっていない。
1行が23字というのも、
栄養士の一般的な読解力からすると長すぎる。
なかには1行が43字、なんているページがある。
ビジネスを伴う版元だったら、
こんな雑誌には読者がつかず、編集長は、即クビだろう。
b0141773_0758.jpg

「投稿規定」が載っているページがある。
これも、どこかの学会のまねなのだろうが、
A4ページの左右1行48字のベタ組みの7ページ。
こんなにハードルを高くしておいて、
何を期待しているのか。
b0141773_01693.jpg

それでいて、ある人が応募したところ、
受け取ったでも不採用でもなく、
返事がないままにボツ。
自分が編集長であったときを振り返ると、
想像不可能な横柄な態度。
何様のつもりか。

この十数年、
あるNPO法人が発行する機関誌の編集のお手伝いをしてきた。
ここでは4人のプロの編集経験者に外部委託をし、
発行済みの雑誌の評価と、
次の号の企画についてアドバイスを受けるために
定期的にミーティングを続けている。
b0141773_08465.jpg

このほか、いくつかの組合から
機関誌の新任編集スタッフ向けのレクチャーを
依頼されたこともある。
そこでは、新聞社や雑誌編集者を講師に
そのつど講義を受けているという。

アマチュアが、
プロの評価を受けることなく、
どこかの学会誌のまねをしようと思っても、
そうは問屋が卸さない。
まねをするにしても、それなりの素地がいる。
このケースでは、
目線は他誌のほうに向いていて、
自分の読者のことなど考えてはいられない。
読者不在の編集は、こうして踏襲される。
b0141773_091553.jpg

NHKテレビの「プロフェッショナル」ではないが、
「編集のプロとはなにか」と問われれば、
「読者の深層心理と向き合うこと」である。

・・・・・なんていう話を、
ビジネスの成功者が耳にしたら、
「ちゃんちゃらおかしい」というだろう。
消費者ニーズの的確な把握は、
ビジネスの基本中の基本。
それなくして仕事なんぞ、できるわけはない、と。
b0141773_092780.jpg

が、世の中には、
閉店への道を歩んでいるデパートがあり、
遠からず、買収されるスーパーマーケットがある。
ということは、ニーズを読めない、
言い換えれば、人の深層心理を読めない人間が
少なくない、ということである。

学会の役員や編集担当の救いのなさは、
自分がビジネスにかかわっている、という自覚がないことである。
「食コーチング」は力説する。
「栄養士はサービス業である」
「対人コミュニケーションを基本スキルとする接客業である」と。
本業はなんであれ、
学会の役員になったからには、
精いっぱい会員にサービスをしなければならない。
b0141773_095976.jpg

自分が平会員だったときに感じていたこと、
不満に思ったことを緩和すべく、行動すべきである。
もっとも、やる気のない人というのは、
人の話さえ聞きたがらない。
人から参考意見を聞こうという人は、
そのこと自体、才能と考えるべきである。

会員不在の学会誌、会員不在の学会。
こういう難題と直面したとき、
現在の担当者だけを責めてはいけない。
「♪こんな女にだれがした♬」という歌が終戦直後にはやった。
そう、そんな人間にした先輩がいるはずだ。
と、源流を訪ねていくと、
けっきょくは「伝統だから」「前例に沿って」となる。
これぞ日本文化の典型である。

現アメリカ大統領ではないが、
まずは「チェンジ」である。
前任者がどうあれ、
まずは、変えることを最初の仕事にすべきである。
どう変えるかはあとから考えればいい。
まず「変える」ことをコンセプトにする。
b0141773_0103857.jpg

次に、しかるべきプロのアドバイスを受けるべきである。
1回、2回ではなく、
継続的にアドバイスを受け続けることである。
学会が企画する研修会なども、
Aという講師にaというテーマの講義を依頼し、
Bという講師にbというテーマの講義を依頼する。
これを何十年も続けている。

摂食障害に「ドクターショッピング」という困った傾向がある。
自分を甘やかしてくれるドクターを求めて、
次々とドクターを変えてゆく。

栄養士の会も、多分に「講師ショッピング」傾向がある。
1つのことをしっかり勉強しない。
次はA、次はBと、
テーマや講師はルーレットのように代えていく。
これでは1つのことさえ身につくはずがない。
A講師にaの講義、bの講義、cの講義を受けたほうが、
実効性がある。

ルーレット式は、
「セミナーコレクター」のような、いやなタイプをつくる。
「ああ、A先生の話、聞いてたことあるわ」
「B先生ね、聞いたことあるわ」
「あなた、C先生、知らないの?」
b0141773_0114842.jpg

こういう懸案は、
どう解決していけばよいのか。
それは、小さなグループが、
エネルギッシュに、やりたいことをやっていけばよい。
それがいつかは、新しい潮流をつくっていく。
パナソニックもホンダも、
かつては小さな町工場だったという。

小回りが利くということは、うれしいことである。
いいや、本当のところは、
ディスカッションのシステムさえ維持できれば、
どんなに大きな組織でも、
小回りは利くものである。
[PR]

by rocky-road | 2016-04-20 00:11  

<< 自己表現としての写真。 「ヘルスコミュニケーション」と... >>