わがプライベートメディア史

b0141773_18364334.jpg

昨年の、わが「海と島の旅50周年」がきっかけで、
元「東京潜泳会」の会員の船水公一朗氏から
当時発行していた機関誌・紙のバックナンバーを
送ってもらった。
創刊号から240号まで、25年間の新聞である。
b0141773_18371483.jpg

意外だったのは、
この雑誌(のちに新聞に)の創刊には
私は関わっていなかった。
そもそもタイトルもなく創刊するなどは、
私だったら考えも及ばない。
b0141773_18425377.jpg

当時、副会長だった私は、
創刊号に「会報は最初の1号を出すことより
3号、・4号を出すのがむずかしいのです」
などと、当事者意識のうすい文章を寄せている。
b0141773_184375.jpg

第3号からは『MARINE MATES』と名がつき、
初期メンバーはこれの11号までを担当した。
(1968~1969年)
デュプロという感熱式の手書きコピーだった。
b0141773_2054764.jpg
b0141773_1844746.jpg

そのあと、私と何人かのスタッフが引き受け、
そこからはタイプ印刷になった。
b0141773_18443072.jpg

このタイプ印刷を依頼した店は、
学生時代、クラス雑誌の印刷で
お世話になった印刷屋さんで、
以後、20年近くお世話になる。
b0141773_1845292.jpg

当時、店先で三輪車などで遊んでいた
鼻たれ坊やは、
のちに女子栄養大学から
印刷物をお願いするときの営業担当となり、
いまは、ゴジラのミニュチュアや
戦時中の軍艦や戦闘機にくわしいライターとして、
あるいはいろいろのイベントのコーディネーターとして
活躍中である。
b0141773_18452566.jpg

また、『マリンメイツ』の編集を担当してもらった
玉田圭永子さんは、この新聞がきっかけで
商業雑誌のレポーターとして声をかけられ、
やがて編集者としてプロの道を選ぶことになる。
b0141773_18461492.jpg

私が『栄養と料理』の編集長になってからは、
「健康の最前線」など、いくつかのルポものの
専門ライターとして活躍してもらった。
b0141773_184635100.jpg

遊びと仕事との間には、
思っているほど大きな隔たりはない、
というのが私の持論である。
「遊びは真剣に、仕事はおもしろく」
b0141773_18464722.jpg

私のダイビング史は、同時に
プライベートメディア発行の歴史でもある。
その後、「スノーケリングピープル」という
「大学院型」(?)クラブを作り、
ここでも『ピープル』という機関紙を発行した。
小さなクラブではあったが、
ダイビング界の大御所やリーダーを取材し、
「量より質」の情報を提供した。

この時期とダブるが、
「水中8ミリフェスティバル」というサークルを作り、
ここでも新聞を発行した。
といっても、今度、船水氏から送ってもらうまで、
その新聞のことは忘れていた。
b0141773_18473847.jpg

「8ミリフェスティバル」は、
ビデオ機器の登場で
「水中映像サークル」へと移行する。
もちろんここでも、新聞を創刊させた。
『シーメール』である。

いまは、
海のクラブやサークルからは少し離れたが、
パルマローザ発行の『エンパル』の編集を
お手伝いしている。
海から健康支援者の世界に移っても、
プライベートメディアの発行コンセプトは
さほど変わらない。
b0141773_1848238.jpg

「ビッグバン」とまではいわないが、
小さくまとまろうとしないで、
外へ外へと膨張するエネルギーと
方向性とを失いたくない。
b0141773_18482641.jpg

宇宙に壁がないように、
プライベートメディアにも壁はない。
「プロだから」「アマだから」と、
小さなサイズでまとまろうとするのは、
おそらく大宇宙の法則に反している。
b0141773_18484236.jpg

ヒトはコトバを持っている。
イメージを持っている。
つまり、それらの「情報」には壁はないのである。
b0141773_18491670.jpg

それは、
プライベートメディアに限らず、
人生の法則ではないのか。
大きな宇宙像を描くことから
ダイナミックで、
ハッピーな人生は始まるのである。
b0141773_18493512.jpg

b0141773_19264451.jpg

[PR]

by rocky-road | 2014-07-28 18:49  

<< 写真教室、フォトブック 旅は、健康を道連れにする。 >>