「いわゆる病」にご用心。

b0141773_13135045.jpg

午後のニュースショー、なんとか屋という、
妙な屋号のついたテレビ番組を見ていて、
飲みかけのお茶を吹き出しそうになった。
この番組を仕切る男性キャスターが、
「いわゆる……」にブレーキがかからなくなって、
「いわゆる大統領」「いわゆる親書」などと
口走りだしたからである。

ヘルスコミュニケーション論的にいうと、
「いわゆる」の連発は、病理学の対象になる。
単なる口癖ではなく、
けっこう強い内的動機が、
かれを動かしていると思われる。
b0141773_150193.jpg

目をこするとか、あごをさするとかの癖は、
自他にさほどの悪影響を及ぼさないが、
「いわゆる」は、それを真似る者、いや
それに感染する者があり、
社会に少なからずの迷惑をかける。

「いわゆる病」の感染は圧倒的に男性に多い。
「いわゆる」とは、「世間でいわれている」
「俗にいう」の意味で、昔は「所謂」と書いた。
平安時代ころから使われている
古来の日本語表現である。
b0141773_1316081.jpg

あるコトバが、完全に一般化していない段階、
または、流行語や造語のように、
自分は使いたくないが、
世間が使うのでそれに従って使う、
というニュアンスで使うのが一般である。
「いわゆる在日二世に当たります」
「いわゆるマニフェスト政党の特徴は……」などと。

したがって、「大統領」や「親書」にまで
「いわゆる」をつけ始めると、
使うコトバのすべてに
「いわゆる」をつけなければならなくなる。
b0141773_13164567.jpg

そういえば、以前、NHKラジオの深夜放送で、
新米らしい気象予報官が、「いわゆる低気圧が……」
「いわゆる日本海に……」と口走っていた。
アガッてしまって、
自動制御が効かなくなったようだ。

くだんの屋号クンの場合は、
アガるほどウブではないかわりに、
むしろ本来のお調子者気質が前面に出てきて、
「エエカッコシー」が露骨になる。
一定の分別や教養があれば、
「いわゆる」の乱発がどれほど恥ずかしいことか
自覚があるものだが、
勢いだけでやってきた人間には、
それに気づくことを求めるのはムリだろう。
b0141773_1317036.jpg

不思議なのは、番組関係者や家族が、
それを指摘しないらしいことである。
テレビ、ラジオとも、人気番組のキャスターや、
人気番組に常連出演するコメンテーターにも、
「いわゆる病」患者は少なくない。
これをチェックする(「いわゆる」をつけずに)
自浄作用は、
民放にはなさそうである。
つまり「校正マン」がいないのである。
怖いといえば怖い組織である。

では、なぜ「いわゆる病」が
病理学の対象になるのか。
b0141773_13174487.jpg

1.強い虚勢癖は、ウソに近い誇張表現をしたり、
  その場の雰囲気で思わぬことを
  口走ったりして、
  周囲や、自分自身を傷つけたりする。

2.もともと知的レベルや言語能力が
  低いわけではないが、
  公の場に出ると、必要以上に自分を大きく、
  または知的レベルが高いかのように
  見せたくなり、
  コトバのハンドリングが効かなくなる。
  その一面によって社会的信用度を損なわせる。
b0141773_13183239.jpg

3.コトバ表現は、
  比較的セルフコントロールがしやすい、
  自分サイドの行動だが、
  それさえも
  コントロールできないということは、
  ピンチに弱いということでもあり、
  情緒的に不安定で、
  今後の行動の不確実性が大きい。

 ちなみに、この病気、30歳代くらいから発症し、
 遅くとも50歳代くらいで自然に治癒する。
 が、例外もある。
 50歳を過ぎても持続するようであれば、
 ホンモノのアホということになる。
b0141773_13184651.jpg

そこまでいかなければ、
何回かのセッションで改善する。
まだ病気としての
コンセンサスが得られていないので、
病院では扱わない
(場合によっては精神科で扱ってくれるかも?)。

ところで、
「ヘルスコミュニケーション論」とはなにか。
すでに、そういう学会もあるらしいが、
私が提案するものは、
言語行動から、
その人の困った性癖を早期発見したり、
社会的言語現象の
好ましくない点を指摘したりして、
是正し、健康度をあげることを目指すものである。
b0141773_13192566.jpg

たとえば、人と話していて、自分が発言するとき、
かならず「でも……」「っていうか……」
で始める現象、
歩きながら(階段の昇降時にも)
ケイタイ機器をいじる行動、
全党員が社会的発言をするとき
「しっかり」というコトバを
ほぼ100%使う政党の虚言性、
トレーニング不足で、できもしないくせに、
対象者の「行動変容」を迫る栄養士など、
それらの人や現象を見つけ、
改善する理論および技法――
それがヘルスコミュニケーション論である。
b0141773_14585691.jpg

その病気性、
リスクの大きさに気づいている人は少ないから、
治療を望む人も治療機関もない。
当面は、わがロッコム文章・編集塾のメニューに
加えてもよいかもしれないと思っている。
b0141773_1320868.jpg

by rocky-road | 2012-08-29 13:20  

<< 集合写真の撮られ方テクニック。 あなたは魔女を見たこと、ありま... >>