編集力をどう鍛えるか。

b0141773_238997.jpg

健康支援者や教育関係者に編集スキルについて
お話しする機会がふえている。
b0141773_2391427.jpg

7月5日には広島県市町保健活動協議会栄養士部会/
広島県国民健康保険団体連合会共催による
「食情報・健康情報発信者のための 
企画力・表現力強化法」
b0141773_2395782.jpg

7月8日には、山口県栄養士会 生涯学習研修会主催による
「栄養士の媒体づくり いまより3倍は楽しくする編集力」
というテーマのお話をさせていただいた。
b0141773_23105297.jpg

自分の執筆予定ノートには、30年以上前に
『暮らしの中の編集技術』を記載した者としては、
いま、一部の健康支援者、食関係者から、
編集スキルを基本から学びたいという声があがったとしても、
意外に思うことはない。

健康支援者に限らず、もともと編集技術は、
万人の生活技術として身につけておききたいものの1つ。
ましてやいまは、パソコンの時代。
30年以前とは社会環境がまったく違っている。
b0141773_23123155.jpg

現在なら、「ビジネスマンのための編集技術」から
「主婦のための編集技術」「飲食店経営者のための編集技術」
「グループリーダーのための編集技術」まで、
あらゆる職種、あらゆる階層向けの編集入門書が可能であり、
それなりの部数を確保する自信はある。

名刺も年賀状も、表札も、手紙やハガキも、
ガーデニング愛好家が草花につける名札も、
写真をアルバムに貼る方法も、
もちろんメールもホームページも、
編集作業そのものといってよい。
b0141773_2312549.jpg

もっとも、編集物という自覚のないホームページは多く、
これがネット世界のゴミとなって、
少なからずの人に迷惑をかけるばかりか、
低々教養社会を安値安定させている。

公的に配布する印刷物(新聞、チラシ、パンフレットなど)
ともなれば、単に個人の趣味だから、ではすまされないほどの
重い社会的責任を負うことになる。
b0141773_23131443.jpg

「公器」とは、かつては大新聞についていったが、
いまは、情報提供者が分散し、分野別に責任を果たす時代、
ミニ・メディアといえども、「公器」の一翼を担っている。
「給食だより」などを、各担当者に一任している現状は、
無免許運転を黙認しているのに等しい。

さすがに大手の業界連合組織では、
健保組合ニュースや社内報担当者に、
外部講師による編集入門講義を受けさせている。
何十年も前から、そうしているから立派。
b0141773_23141236.jpg

栄養士の世界では、
各地域の栄養士会などが、メディアの重要性に気づいて、
自主企画を立てて、今回のように
セミナーを開くようになった。

それは、各職場で発行するメディアの
質を向上させるためであることはいうまでもないが、
それ以前に、担当者のストレスを少しでも軽減させるという
医学的目的もあるように思う。
b0141773_23142930.jpg

自分の作るメディアに責任を感じ、
その内容を吟味する習慣が定着すると、
提供する情報の質が向上する。
たかが数百部、数千部の広報メディアでも、
連続的に提供する情報は、
かならず個人を変え、社会を変える。
b0141773_23152041.jpg

年に数回行なう、住民対象の料理教室や講演会によって
動員できる人数は数百人。
しかし、魅力的な情報を提供すれば、
数千人の読者がついてくることになる。
上層の責任者は、このあたりの原価計算をしてみるとよい。
b0141773_23154469.jpg

編集技術に関して、
山口県のセミナーでは、ホームラン級の質問が出た。
「私も〝おたより〟を作っているのですが、
あれもこれも盛り込みたくなって、
わかっていながら、つい盛りだくさんになってしまう。
これを抑えるコツのようなものはないでしょうか」
b0141773_23162055.jpg

たったお1人のこの質問によって、
集まった人たちの知的レベルの高さを
アピールすることになった。
「情報の威力、ここにあり」か。
b0141773_11581942.jpg

私は、こう答えた。
「献立を考えてみてはいかがですか。
きょうはカレーだけど、お刺身をつけて、
ついでにギョーザもご一緒に……。
これでは食事が台無し。
b0141773_23164651.jpg

一汁一菜でいくか一汁三菜でいくか、
そこが判断のしどころ。
食事は適量でこそおいしいのだから。
でも、地球がきょうで終わるという日には、
あるものなんでも食べてしまいたくなるかも」

いただいた3時間のセミナー自体、
やや盛りだくさんではあったが、
なんとか時間どおりに終わった。
b0141773_23171460.jpg

帰りの飛行機内で読むつもりで、
週刊誌を買ったら、その中に、
講義で話した「品格のない記事」を見つけた。
女優の人気序列を示した記事なのだが、
嫌いな女優のリストも示している。
好き嫌いはだれにでもあるが、
嫌いのリストアップまでして、
どこのだれともわからない人の
声なき声を紹介する意味がわからない。

アンケートの集計らしいが、
なんと生産性のない、低俗な企画だろう。
「いけないビジネスマン」のリストアップなら、
そこから学ぶこともあるが、
女優さんのマイナス要素を聞いても、
なんの情報にもならない。
b0141773_23174695.jpg

娯楽雑誌では、ストレス緩和目的で、
そんな企画もするが、超老舗の出版社の週刊誌でも、
こんな無意味なことをするのである。
(人の悪口は、努力しないで偉くなったような気分になる、
一過的ストレス緩和法。
「貧乏ゆすりも運動」と同列のお手軽主義)

これは、編集長の好みであって、
出版社の意図ではないが、
日本人の品格は、こういうところからも低落する。
この週刊誌、例の1日1食論のマユツバドクターの
「ガンにならない生き方」を連載しているが、
もちろん、そんな生き方を、
そのドクターが保証できるわけはない。
b0141773_23181853.jpg

編集長が、この連載をしたことを恥じる日は、
おそらく3年以内にくるだろう。
3年もすればこのドクターのマユツバ度が
世間に知れ渡るだろうから。

健康支援者への教訓。
知的レベルの高いものを多く出す出版社でも、
こと、健康論、食事論になると、
ほとんど素人のスタッフが多い。
それを肝に銘じておくことである。
b0141773_23183367.jpg

いずれにしろ、編集力は一朝一夕には身につかない。
「編集力は生活技術、ハッピーに生きる環境づくり」
そう信じて一生、スキルアップを心がけることである。
[PR]

by rocky-road | 2012-07-09 23:18  

<< 食の窓から侵入する。 私だけが知っていること。 >>