お料理評論家になりませんか。

b0141773_2317583.jpg

パルマローザが行なった
4月29日の写真撮影会に続く
フォトコンテスト(フォトコン)の選評が終わった。
(このホームページの「スタンバイ・スマイル」参照)
http://palmarosa.exblog.jp/
大好きな仕事であるがために思いきり力が入り、
終わったらぐったりした。
b0141773_23182760.jpg

その理由の1つは、
日本でもっともメジャーなフォトコンで
「第一席」を受賞し、授賞式に出席したが、
選者の著名カメラマンたちの選評が
あまりにもたどたどしいので、がっくりした経験があるからだ。
途中で「私が代わりましょうか」と、
出ていきたい衝動を抑えるのに苦労した。

また、テレビ番組で見るデジカメ写真教室でも、
指導するカメラマンは「いいですね」「いいですよ」を
繰り返すばかりで、改善すべき点をまったく指摘しない。
b0141773_23191790.jpg

非言語的な創作活動をしている人たちだから、
ハレの舞台で、作品評を論理的に展開するのが不得手なのだろう。
仲間と、酒でも飲みながら論じれば、
もっとイキイキした論評ができるのだとは思うのだが。
b0141773_2320733.jpg

そんな実情を考えると、
私が50年近くかかわっている水中写真の世界は、
なかなか作品評の水準が高いところだと改めて思う。
正確にいえば、水中写真家・舘石 昭氏が主宰する
『マリンダイビング』(水中造形センター)の
長きにわたるフォトコンテストである。
b0141773_23202963.jpg

ここでは、その回ごとに
作家や漫画家、海洋生物学者などを選者として招き、
発表会場でも、誌上の座談会でも、
その人たちに多角的に論評を求めている。
b0141773_2321251.jpg

私がグランプリを受賞した、
第11回 水中写真コンテストについては、
1982年2月号に、3名の審査員による座談会を載せている。
私の作品についてのコメントを引いてみよう。
b0141773_23213496.jpg

審査員は、作家の畑 正憲氏、村上 龍氏、
水中写真家の舘石 昭氏である。
b0141773_23222130.jpg

編集部「まずグランプリを獲得した『イワシの春』は、大橋禄郎さんの作品です。
     この作品を推薦された畑さん、いかがですか?」

 「この人、さすがにキャッチフレーズのつけ方がうまいですね。
  それと、この作品は奇をてらったものではなく、ごく平凡な風景を
  さりげなく撮って表現力を持たしていますね。
  だから見ていて見飽きないし、多くの人に愛される作品じゃないかと思います。
  また、色彩のバランスも実にいいですね。ただ、ちょっと魚の群れが乱れているのが
  気になりますけれど、すぐれた作品だと思います」
b0141773_23225999.jpg

村上 「ひと口にいうと印象派の作品みたいですね。
   ドキッとするような写真ではないけれど、
   壁に貼っていつまでもながめていたくなるような作品ですね。
   今回のコンテストの中では、一番見飽きない作品だと思いますね」

舘石 「この作品は、最初見たときからいいなと思ったんだけど、
   何回も見ていくうちにますますよくなっていくんですよ。(中略)
   それと、この作者は、肩に力を入れないで淡々と水中写真を撮って
   楽しんでいる。その姿勢がいいですね。
   技術的には充分なところまでいっているのだから、
   その達観した感じがいいんじゃないかな。
   見ていて心が休まるというか……」(中略)
b0141773_23233042.jpg

「こういっちゃ作者に悪いかもしれませんが、
  ぼくはこの作品にアマチュア精神を感じるんですね。
  ベテランダイバーが計算しつくして、色がどうだ、
  光がどうだといって撮った作品でなく、ホンダワラのところを潜ったら魚が来た、
  それをたまたま撮った。そういう、計算しない感じが、
  ぼくたちの心を慰めてくれる作品になったような気がしますね。
  プロだけでなく、アマチュアでもよい仕事をやる人がいる。
  その典型のような気がします」

村上「精神がすごく素直だというのがピタッときますね」

舘石「うん、そのへんがスゴイんだなあ」(以下略)
b0141773_2324883.jpg

一部の引用だが、ほとんど絶賛である。
これだけの豪華メンバーが、
一作品にこれだけのコトバを使い、これほどの賛辞を送ってくれる、
思えばよい環境の中で水中写真を楽しんできたものである。

それに比べると、
「お前の選評は冷たい」といわれるかもしれない。
反省点の1つではある。
が、やはり弱点、改善点を指摘しないと、
技術は進歩しないと思うので、
黙っているわけにはいかない。
b0141773_2325488.jpg

写真にしろ絵画にしろ、
音楽にしろスポーツにしろ、
非言語的な世界にも、それらの鑑賞論や評論は必要。
評論のない文化や文明は、まだ未熟といわざるを得ない。
b0141773_23254785.jpg

料理や食事に評論家はいるのか。
「料理研究家」はいても「料理評論家」はいない。
フランスには「ミシュラン」があるが、
星の数では「評価」はできても「評論」にはならない。
辰巳芳子さんあたりは、
無意識的に評論家の役割を果たしているかもしれない。

飲食店の料理などは、客が評論家といえなくもない。
しかし、言語能力、評論精神のない者の評価は、
「スゴ~イ」「カワイイ」「どうやって作るんですか」
程度のものだから、板前やシェフは堕落する。
軽口をたたく程度の料理人が、
「軽妙な語り口で人気の……」と持ち上げられて
舞い上がってしまっているのが現状である。
b0141773_23262014.jpg

以前、「外食・中食評論家」の仕事を
してみたいと思ったことがあるが、
いまは、そういう時間もなくなった。
だれか希望者があれば後押しをして、
10年以内には看板を掲げるくらいのプロに
仕立てる自信があるのに、手をあげる人はいない。
b0141773_0152540.jpg

さて、フォトコンの話に戻る。
今回の受賞のコトバを読んで、
この撮影会に参加した人たちの言語表現力も
ナミでないことを再確認した。
b0141773_2328630.jpg

撮影会やフォトコンテストの規模の大小と、
作品のレベル、論評や受賞のコトバのレベルを
過小評価しないことである。
日本は、いや世界は、
思っているほど大きくはないのだから。
[PR]

by rocky-road | 2012-05-11 23:28  

<< スカイツリーを見たら生物を大切に。 いま、同業者に言いたいことは? >>