歌える歌、歌いたくない歌。

b0141773_1221276.jpg

わがロッコム文章・編集塾で、最近、宿題としたのは、
「好みの楽曲の歌詞を文章論として論評しなさい」というもの。
この課題の目的は、量産される歌謡曲(に限らないが)歌詞を
文章論として論ずること。「論評」だから、全面受け入れではなく、
評論精神を発揮しなければならない。

作詞家養成の塾でもないのに、こんな課題をして気の毒だと思うが、
言語感覚を養うこと、批判精神を研ぐことは、
プロがプロとして、専門性を深めるために避けては通れないハードルである。
b0141773_1224691.jpg

歌は、耳になじみやすいが、その一部は言語メッセージである。
そこには思想があり、感性があり、世界観があり、教養がある。
ヒットした曲は、詞が優れているとは限らず、
むしろ、とても歌詞とはいえないような「つぶやき」がまかり通っている。

Jポップス系は、リズム優先のアップテンポだから、
とかく言語メッセージはあと回しになる。
勢いと視覚的魅力と、ノリで、とりあえずは商品化してしまう。
b0141773_1233643.jpg

シンガーソングライターの中には、
作詞どころか、国語も未熟な者が多く、粗悪な国語を日本中の
若年者に蔓延させ、言語感覚を狂わせてしまう。

「側にいるだけで 愛しいなんて思わない
ただ必要なだけ 淋しいからじゃない
I just need you (oh yeah)」
(ウタダ ヒカル 「Automatic」)
b0141773_12182112.jpg

「風鈴の音でウトウトしながら 夢見ごこちでヨダレをたらしている」
(ゆず 「夏色」)

「僕の我慢がいつか実を結び 
果てない波がちゃんと止まりますように
君と好きな人が百年続きますように」(一青窈 「ハナミズキ」)

などの歌詞には、一貫性や論理性が希薄で、もちろん詩情もなく、
何をいっているのかわからず、
まともな大人なら、とても人様の目や耳に伝えることはできない
恥ずかしいほど未熟な文章である。
とても「詩」や「詞」と呼べるシロモノではない。
作詞に関しては、ど素人、こんな稚拙な歌詞でもショウバイなるところに、
音楽市場のイージーさがある。

こんな現象を、阿久 悠氏は「ミュージュックはあるがソングはない」と嘆いた。
さらに「ヘッドホンで聴く歌は聴くにあらず、点滴である」とまでいったが、
国語を基準にいえば、カタコト日本語と巻き舌歌唱法は、凶器に近い。
b0141773_1217482.jpg

メロディでだけで聞く歌謡曲の危うさは、
栄養士にも縁がある「安心・安全」という歌(?!)にも通じる。
熱中症で亡くなったり、海や川で溺れたり、ヘリコプターが電線にけっつまずいたり、
世の中、いまも昔も危険がいっぱいである。なにが「安心・安全」か。
「安心・安全」を標語として歌ってしまうと、リズムばかりが頭に残って、意味が薄れる。
ヘリコプターが電線に脚をひっかけるなんて、操縦士は鼻歌でも歌っていたのか。

しかし、提出された宿題への回答を見ると、思っていた以上に
こういう幼児的作詞に反応しなくなっていることがわかる。
そもそも論評すべき曲が見つけられない。
このネット社会の中からターゲットとなる曲が見つからないのは、
不慣れということもあるが、審美眼が麻痺しているからだろう。
b0141773_1255490.jpg

ようやく楽曲を見つけても、論評基準がわからない。
用語はどうか、文体はどうか、歌われている世界はどうか、
シチュエーションはどうか、感性はどうか、何をいわんとしているのか……など
論点はいくらでもある。

評論精神を性悪(しょうわる)行為のように思う人がいるかもしれないが、
その精神は、街の景観を損ねている廃墟を見つけて、
それを建て直す作業にほかならない。
それは、次の世界を創造する第一歩である。

現状に甘んじている人には、
次の時代を切り拓くための着眼もないしエネルギーもない。
それでよいのか。
b0141773_1262825.jpg

たかが、歌謡曲というなかれ。改善の端緒は生活圏の中にいくらでもある。
「栄養指導」「行動変容」「地産地消」「食の欧米化」「安心・安全」
などなど、流行歌(はやりうた)には、未熟な歌詞が多い。

念のためにいうと、いじわると批判精神とは違う。
悪口と警告とは違う。
あら探しと問題点への着眼とは違う。
改善のための提言と寛容さとは違う。
[PR]

by rocky-road | 2010-08-24 12:07  

<< このブログ、「注目を集め」ては... 集合写真を撮ろう、1000枚撮ろう。 >>